今年度最後の保育園

子供の今年度の保育園が最終日だ。

思い出せば小さくて歩けばすぐに転んでいた我が子も、転ばなくなった。

転んでも口を一文字に結んで、耐えるようになった。

自分の意志で歩く、歩かないを決めるようになった。

たくさんのことができるようになり、とても感謝している。

 

保育園でたくさんの友達に囲まれて、たくさんの会に参加させてもらった。

誕生日会にお遊戯会、送る会、紙芝居を聞く会、和太鼓を聞く会。

季節の行事にもたくさん触れた。

保育園のおかげで自分自身は働くことができた。

たまに保育園に行くのを嫌がったので、お休みをいただいて、二人で買い物を謳歌した。

 

肌荒れのひどい我が子は進級式のとき、写真を撮るのをためらうくらい荒れていた。

毎日毎日薬を塗っていただき、お昼寝前に痒くなる体の様子をみてもらった。

保育園のたくさんの先生にお世話になりながら、少しずつ少しずつ肌の調子も回復した。

決して完治ではないけれど、これからも保育園に頼らせてもらいたい。

 

感謝感激の1年だった。

また、来年度も様々なことを乗り越えながら、楽しく過ごして行きたい。