鉄橋と待ちぼうけ

鉄橋が逆光に照らされている。

会いたい人に、会いたいと願いながら鉄橋に向かう道。

鉄橋まで行くにはだいぶ川沿いを歩く。

土手で休みながら、てくてくと鉄橋の側の街までいく。

 

やっと街につき、会いたい人を喫茶店でひたすら待つ。

2時間たっても現れない。

お土産もまちくたびれる。

飲み物も底をつきた。

仕方ない。

店をでる。

 

おひさまは傾いている。

街から家まで歩いて帰っていく。

逆光に目をかすめる。

さようなら鉄橋。

ありがとう鉄橋。

ぼちぼち歩いていくしかない。

f:id:ayae77:20190404120201j:plain

鉄橋