黄色い桜

黄色い桜、鬱金、うこん、ウコン。

ウコンはサトザクラの1品種で、ショウガ科のウコンの名前からきている。

カレーの色味や風味に使われる調味料のウコンからだ。

花が淡い黄色で、咲き終わりの頃には赤みを帯びる。

赤みといってもほんの少しで、一般的なサクラの色に近くなる感じ。

 

春爛漫の桜といえばピンク色が多いが、この桜はとてもめずらしい黄色。

公園などでみかけると、他の桜と混ざって、やさしい色をしている。

花びらが何枚も重なって一つの花になる八重咲き。

重量感があるのにやさしい色とやさしい主張。

なんだかホッとする色だ。

 

ソメイヨシノより遅く咲いてくるので、花を見をのがしてしまっても大丈夫。

 

f:id:ayae77:20190405115554j:plain

ウコン

 

サトザクラは京都の仁和寺に多く植栽されており、4月中旬から下旬に訪れると楽しい。

また、大阪造幣局の通り抜けの花見も有名である。

造幣局の花見はニュースで取り上げられることが多いため、ソメイヨシノを見逃しても思い出すことができる。

 

2018年は大きな台風や大雨で大変だった。

木の状態も、土の状態も心配である。

今年はどんな花を咲かせてくれるのか。

少しずつ暖かい日が増えてきて、新しい生活にも慣れてくる頃、この花に会いに行こう。