上海でのトイレ

以前に上海へ行ったことをブログに書いたが、その時に思い出したこと。

 

上海は2度めの海外旅行だった。

 

やはりどきどきする。

 

何がって、移動とトイレが一番だろうか。

 

移動は間違いが多い。

 

タイに行ったときも、地下鉄に恐る恐るのった。

 

日本では簡単なことも海外では難しい。

 

そして、国によるトイレの違い。

 

当たり前だが、トイレのシステムが異なることがある。

 

上海の町中でトイレをすることに。

 

しかし、入り口が1つなのだ。

 

男女一緒??

 

すでに動揺がはじまっている。

 

そして、簡易なドア。

 

見えそうな勢い。

 

しかし、スルーするわけには行かない。

 

思い切って利用させてもらう。

 

水の流し方がわからない。

 

流す水が溜まっていると思われるタンクは天井付近にある。

 

そこから長い紐がたれている。

 

きっとこの紐をひくんだろうけど。

 

万が一違った場合に、大量の水が。。。ふきださない??

 

あれこれ考える。

 

しかし、早くトイレからでてしまいたい。

 

少し引っ張ってみる。

 

少しだが流れてくれた。

 

もう出よう。

 

トイレから出た瞬間視線を感じる。

 

それも苦笑いの男性達??

 

もしかして、、、間違った?

 

そう、利用していたのは男性トイレだった。

 

私は女である。

 

後の祭りだ。

 

男性の皆様スミマセン。

 

ぺこっと頭を下げて、去っていく。

 

振り返ってみると、古びた看板で男女を分けてあったようだ。

 

そうか入り口は1箇所ではなかったようだ。

 

字がほとんど消えていて気づかない。

 

これからはホテルや大きな店のトイレを利用しよう。

 

友達の家に泊めてもらっていたので油断していたのかもしれない。

 

きれいだった友達の家のトイレのことは思い出せない。

 

思い出すのは薄暗くて、ドアが小さくて、タンクがやけにでかいトイレ。

 

慣れない旅では何かがあるものだ。

 

次は落ち着いて、トイレを選択しよう。