水槽整理

本日は汚れていた水槽を整理した。

ぽっかりと自分の時間ができた。

朝ごはんを早々に済ませて、掃除機をさっとかけて、ぼんやりしていると水槽が目に入ってきた。

なんだかよどんでいる。

これはなんとかせねばならない。

 

数年前はミナミヌマエビに貝に魚がいた。

エビは産卵までこぎつけたのに。

今は悪そうな青緑の藻が発生して貝がちらほらいる程度。

 

反省反省。

まずはぬめりを落とし、フィルターの吐出口付近の藻を整理。

新しい水を追加し、水槽を磨く。

フィルターの掃除まではいかなかったけれど、待つこと数時間。

だいぶ水の鮮度?が回復してきた。

水草アヌビアスウィローモスとバリスネリアについた藻もできるだけ取り除く。

しっかり育てていこう。

水質が落ちついたらエビと魚をいれよう。

 

しかし、生き物のなので、購入はよく考えてから。

水槽の管理もスケジュール管理しないとサボるかな。

磨くのは週一。

フィルターは月一。

観察は毎日。

水質の管理は2週間に1回。

こう考えるとハードな感じ。

 

まずは水草の状態回復を試みることにする。

 

アヌビアス・ナナ

アフリカ大陸に分布するサトイモ科の水草

アクアリウムで多用。

我が家のはもう10年以上生育。

増えすぎず安定して育っている。

自分で浮いたり沈んだりしながら、株がゆっくり増えていく。

 

ウィローモス

アクアリウムで用いる苔の総称。

我が家では気づいたら増えすぎている。

また水質が悪くなると悪そうな藻をまといしんどそう。

でも魚にはもってこいの場所だよね。

 

バリスネリア

こちらは種小名スピラリスだと思うけど、少し葉が短いような。

別名セイヨウセキショウモ。

こちらはねじれながらのびのび水槽を埋めてくれる。

我が家の水槽では主役です。

 

写真を載せたかったのですが、エビの産卵の写真は水面下でブレブレだったので断念。

また産卵してくれる環境まで頑張る。