茶、茶、茶

茶・茶・茶。茶外茶もありますが。

緑茶:京都市出身だから宇治の町は近い。宇治茶の栽培風景は懐かしい。こんなところに?お茶?ってところも多い。なかなかうまく淹れられないのは自分だけだろうか。。。

焙じ茶:緑茶や番茶を焙煎したのも、この香りが好きで買ってしまうお茶のひとつ。スイーツや飴にもなっていたりで人気者。

麦茶:部活動にせっせと持っていったお茶。凍らせた麦茶に何度救われたか。

番茶:実家で一番登場したお茶。いつもお茶をありがとう。

ナタマメ茶:香りがなんとも言えないお茶、ちょっと苦手な飲み物の一つ

杜仲茶:血圧を下げたいと思って買ったけど、苦すぎてやめてしまった。

トウモロコシ茶:韓国好きの友達から教えてもらったお茶、飲みやすい。甘くて香ばしくて。

桜湯:勝手に見合いの席に出されるイメージを持っている、塩漬けしたサクラの花を湯に浮かべて飲む茶。サクラの素敵な香りに包まれながら、見た目も楽しめるお茶。和風なのも好き。

マテ茶:マテの葉のお茶、初めてマテ茶をいただいた容器はひょうたんでできたものだった。飲みなれていないと茶葉がストローを通って口の中へ、、
衝撃を受けたお茶、マテは南米アルゼンチンなどに生える植物で日本でも育つ!!!

ルイボスティ:マテ茶同様、飲み物としてはよく見聞きするが、原料の植物についてはなかなか聞かない。ノンカフェインで飲みやすい。最近は家で頻繁に登場する茶。

ジャスミンティー:緑茶にジャスミンで香りつけしたお茶

さんぴん茶ジャスミン茶によく似ている沖縄でよく飲まれているお茶、沖縄でペットボトルのさんぴん茶買ったなぁ。お土産にもいい。

しょうが湯:冬に飲みたくなる。少しとろみがあれば最高。

コーヒー:奥が深すぎる豆。焙煎具合も奥が深い。味も香りも深い。

ココア:親の作るココアが最高に温かい。気持も体もポカポカさせて明日を迎えることができそう。

ロシアンティー:大人になってから紅茶の種類の多さに気づく。飲み方も多様。こちらはジャムをいれたりする。

チャイ:インドに旅した時に頻繁に飲んだ。インドの香りはチャイの香り!

ハイビスカスティー:酸味と色がすごいお茶。氷を入れてグラスで。

ハーブティーレモングラス):ハーブティーの中ではレモングラス入りが好き。日本で越冬しないのが悲しい。すごく強健なのに寒さに弱いね。

五味子茶:韓国に旅した時に出会った茶。なんとも言えない味ですが、感じた味で健康かどうかわかるとか。

センブリ茶:いただいたお茶でおったまげた茶ナンバーワン!こちらも最強に苦い。健康にいいらしいですが。

思い出せないお茶も多数。

お茶をめぐる世界一周してみたい!