断片的記憶

ふと思い出すことがある。
そのふと思い出す内容がなんとも不思議である。
もちろん何かと関連付けて思い出すのは理解できるが、何も関連しないまま思い出す時がある。
この記憶は脳にどのようにしまわれていて、どのように引き出されるのだろうか。
断片的な記憶。

ある日、カニの服を思い出した。
断片的に急に思い出す。
そのカニの服は弟のものだ。
まだ保育園にもいっていない弟が着ている。
色は赤と黄色の2着。
今でこそキャミソールという言葉があるが、その頃はなかった。
キャミソール型をしたカニの服。
その頃の言葉で言えば、ランニングシャツの肩のところが細い紐になっている服。
カニが全面に大きくプリントされており、クリクリの目が印象的。
急にこの服が脳裏に浮かんだ。

その記憶から、弟の小さい頃、親の若い頃、姉のサラサラな髪も思い出す。
そして、数えるほどしか行けなかった祖母宅の記憶が引き出される。
大きかった祖母宅。
長い長い坂を登ると、牛がたくさんいて、小さな畑がある。
そこに古くて、深い色の家。

その頃の自分の顔は思い出せない。
写真で昔を想像することはできる。
一つの記憶から、芋づる式に記憶がつながっていく。
普段は思い出せないような道。
母が着ていたワンピース。
自分が気に入っていた、お嬢様が履くような靴。
懐かしい記憶が次々と。

この断片的な記憶がでてくると嬉しくなる。
きっと脳の奥深くに刻まれており、たまに極たまに顔を出してくれる。
その記憶は確実に自分が経験したことだろう。
もう思い出したくても思い出せないほど古い記憶。
大切に大切にしまっておこう。

これも私を作る一部。
私が生きてきた一部だ。

話は夢の話になるが、もう見なくなった夢がある。
その夢は空を飛ぶ夢だ。
雲のような白いものに乗り、空を飛んでいる。
そして、落ちそうになって目がさめてしまう。
もう一度、寝てしまうと、もうその夢は消えている。
あれも不思議な経験だった。

自分でコントロールできない夢。
もうみることがなくなった落ちる夢。
経験をしていなくても思い出すことができる。
自分の想像の世界なのだろうか。
脳は不思議がつまっている。