20代でやってよかったこと

自分の経験から20代でやってよかったこと

 

①海外旅行

一番はなんと言っても海外旅行。

 

卒業旅行でいった韓国もよかったし、カンボジアアンコールワットもインドのタージマハルもよかったけれど、一番はカナダのオーロラだろうか。

北緯60℃の寒さの中、特性のコートを借りて、真っ暗な中を進んでいく車。

なかなか見ることができないオーロラ。

10日間の旅行中に見えないこともある。

カナダの自然ガイドを楽しみつつ、B&Bの朝食を楽しみつつ

オーロラが見える、その時を待った。

 

疲れが溜まってきた頃出会った。

初めて見たとき、自分の小ささを感じた。

頭の上で大きく揺れている。

暗闇を打ち消し、ゆらゆら揺れながら不思議な色を放つ。

うまく撮れなかった写真。

寒さでカメラがおかしくなった。

シャッタースピードの調整。。。

旅の間に何度か異なるオーロラに出会えた。

壮大な自然の中の地球のカーテン。

地球の中の小さな人間。

そして自然の偉大さ。

 

オーロラに出会う旅にまた出よう!って思ってから今に至る。

 

②読書

読書は苦手だった。

本は積んどくか借りて読まずに返す。

そんな中、20代はたくさんのおもしろい本にであった。

エッセイも読書が苦手な自分には読みやすかった。

読み返し何度もうなずき、何度も笑った。

欲しい図鑑も何冊か手に入れた。

気になった本は買っておいた。

古本屋巡りもした。

読まなくても、ふっと読みたくなる時がある。

時間と気持ちが一致したとき読み始める。

収納が足らずに手放した本や雑誌。

将来は書庫を作ろう。

 

③就職

就職氷河期だったらしいが、なんとか就職した。

奨学金を返済し、海外旅行に行き、本を買い自由に生きた。

それもこれも、就職が礎。

学生時代に学んだことが活かせているかは置いておいて

これでよかったと思う。

今は就職をしない人もいる。

自分で起業する人もいる。

親のお金で暮らす人もいる。

どれもいいと思うが自分の経験から就職したことしか語れない。

働いて、お金をもらう。

お金を貯めて、使って、生きていく。

このシステムはステキだと思う。

 

④サークル活動

サークルといっても学生が集まるのではなく、社会人も参加可能なものにした。

サークル内でボランティアとしても一部動いた。

年齢層が異なり、バックグラウンドが異なる人と切磋琢磨する。

たくさんの経験をした。

人を引っ張っていくタイプ。

人の上に立つタイプ。

見えない仕事を引き受けるタイプ。

根気強いタイプ。

楽しい時間がたくさんあった。

社会の縮図を感じた。

 

こんな感じの20代。。。

もっとあれこれやったような。。。