空気清浄機 pm2.5

ここ最近はプラズマクラスター除加湿空気清浄機を動かしっぱなしにしている。

お部屋は乾燥したり、湿度でベトベトになったりと激しく変化しているようなのでスイッチ・オンのまま。

ちょっと気になるのが、料理をするとpm2.5の表示がでて、空気を浄化し始めてくれる。

ガスコンロから何か出てるのか、野菜や肉が焼ける時に何かしらでるのだろうか。

この表示がでると20分程浄化して、やっと空気がきれいになりました!と伝言してくれる。

毎日出ると心配になる。。。


pm2.5って 大気中に浮遊する粒子状物質のうち粒径が2.5μm以下の物質みたいだけど。

非常に小さな物質なので,呼吸器の奥深くまで入りやすく,呼吸系への影響に加え,循環器系への影響が心配されているとか。


もっと詳しく調べると

大気中に浮遊している直径2.5μm(1μm=1mmの1000分の1)以下の非常に小さな粒子。

ここまでは一緒。

PMとはParticulate Matter(粒子状物質)の頭文字をとったもの

工場や自動車、船舶、航空機などから排出されたばい煙や粉じん、硫黄酸化物などの大気汚染の原因となる粒子状の物質

なるほど、これが料理をすると発生すると。

何かの間違いならいいが、あまり良い気がしない。

匂いに反応しているだけならいいが、20分も部屋に充満しているのはちょっと怖い。

しかし、深く考えてもなかなか答えはでないだろう。

空気清浄機も浄化のために取り除いた物質がフィルターについているのかもしれないし。

ほどほどなら共存しかない。

まずは材料を焦がさないようにして、しっかり換気扇を回してみよう。

部屋にこもった匂いや空気をしっかり換気してみよう。


空気清浄機は重宝している。

加湿に、除湿、匂いも取ってくれている。

フィルター交換やセンサーのお手入れなど大変だけど、もう少し使ってみよう。