姉への思い 

4つ上に姉がいる。

物心ついたときから姉である。

姉の買い物にはついていきたいし、姉の着る服は着てみたい。

そんな感じで、姉のコピーならぬ真似真似真似で育ってきた。

たまに真似しすぎじゃない?などと釘をさされながら、やはり真似がやめられなかった。

お古のランドセルはちょっと悲しいのに、お下がりの服は嬉しかった。

姉につきまとっていた私だが、姉は私をかわいがってくれた。

しかし、年の差4つは大きい。

どんなに頑張っても一緒に対等に遊ぶことは難しかった。

ごっこに映画鑑賞、買い物、遊園地、どこへ行くにも私はお荷物になった。

思い返せば、迷惑な状況が浮かんでくる。

その時は必死について行きたいだけで、人のことなど考えていなかった。

大人になってあの時はついてこられてしんどかったと、姉がつぶやいた。

そらそうだ。

きっと頑張って仲間にしてくれていたのだと思う。

今頃言うけど、ありがとう。ありがとう。


大人になって姉と疎遠になりかけたが、不思議とならなかった。

今でも気にかけてくれるし、振り返るとずっと気にかけてくれている。

そして、事あるごとに姉をしてくれる。

今では親になり、子育てに奮闘中の姉。

子供はだいぶ大きくなり一緒に遊ぶには無理がでてきた。

しかし、姉の小さい子供と一緒に遊ぶ日々は楽しかった。

自分が確実に若くなった。

姪は小さいときの姉に似ているが、少し違う。

この不思議な距離感がおばさんということなのだろうか。

だいぶ大人に近づいて自分の世界を持つようになった姪だが、未だに遊びに来てくれる。

小さな頃を思い浮かべ、かわいく思うと同時に大きくなった感動もある。

月日の流れの早いこと。

若い気持ちは置いておいて、自分もありがたいことに年をとっている。


これからの未来が楽しく豊かになってほしい。


さて、作りおきしている牛乳プリンを食べて夏バテを解消しよう。