どうしても駄目な時は

しんどい時、どうしても駄目だと感じる時は、休んで休んで休みまくる。

本当にやりたくないことは休むことで忘れてしまおう。

それでいいと思う。

ちょっとでも再開したい気持ちがあれば、小さな小さな光が自分にやってくるだろう。

そこから何かが変わるかもしれない。



どうしても駄目な時は離れて、忘れて、放置するのだ。

失敗や嫌な気持ちも離れると消えるかもしれない。

消えなくても小さくなればいいのだ。

失敗や嫌な気持ちを放置したことが気になるなら、それは成功に近づくためだろう。


苦しんでいる自分をもう一人の自分で助けてあげてほしい。

自分を助けるのは、近くで感じる自分が最強だ。

少し離れたところから自分を見てみる。

もう一人の自分が冷静になって救う道を考える。


人に相談するのでもいい。

違う世界に身を置くのでもいい。

何もせずにおいしい空気を吸うのでもいい。

寝て起きてを繰り返すのでもいい。

自分が少しでも自由に快適に過ごせるところを見つけてあげてほしい、自分のために。

自分を最優先にする。


やさしい人に限って悩みが多い。

やさしい人に限って損をしている。

明日もいい天気であるように。