お米大好き

お米、ご飯は大好きだ。

物心ついたときには梅干し入りのおにぎりを頬張っていた。

家の食卓にはいつもご飯があった。

海苔たまのふりかけ、ゆかりのふりかけ、味付け海苔

ごはんは3食毎に登場した。

ごはんがなかったのは日曜日の朝ごはんだけ。

日曜日の朝だけは食パンという家だった。

 

ごはんはチャーハンにしたり、おにぎりにしたり、お茶漬けにしたり

その日の気分でアレンジもできる。

炊き込みご飯、赤飯、豆ご飯、鯛めしなどはごちそうだった。

そして、病み上がりにはおかゆを1杯食べて元気を出す。

そんな子供の頃の記憶。

 

お弁当がいる学生時代にはおにぎりを持っていった。

おかずが少ない日は大きなおにぎりを。

部活が大変な日はおやつにもおにぎりを。

 

家に帰って炊きたてのご飯があると嬉しくなった。

炊きたてのご飯はいつものおかずの味を惹き立てた。

 

一人暮らしになっても小さな炊飯器を買ってご飯を食べた。

お弁当には小さなおにぎりを2つ。

一人暮らし時代はおかずをうまく作れず、ご飯多めの食事も多かった。

 

働き始めてお米を炊くことが減った。

一人で炊いても余らせてしまう。

パンやパスタが多く登場した。

たまにご飯を炊いても余らせて、冷凍保存して忘れていたり。

そんな暮らしが数年続いた。

 

ふとご飯が食べたくなった。

子供の頃は「こしひかり」、「ささにしき」という銘柄くらいしか知らなかった。

大人になって気にしてみると、たくさんの銘柄、品種がある。

全国のお米が面白そうだ。

道の駅で買う。

ネットで買う。

スーパーで買う。

生協で買う。

銘柄、品種をかえては味を楽しむ。

 

気になるお米、夢しずく、つがるロマン、ゆめぴりか

一粒一粒を味わいながら、お米の旅はまだまだ続く。

 

 

 

 

パナソニック炊飯器「Wおどり炊き」×はてなブログ特別お題キャンペーン #わたしの推し米

パナソニック炊飯器「Wおどり炊き」×はてなブログ特別お題キャンペーン
by パナソニック