5年スパンで人は成長する

ついに年の瀬ですね。

新年がそこまで来ています。

今年も残りわずかですが、じっくりと歩んでいきたいです。


今日は上司からの言葉で印象に残っているものについてです。

ある上司から、人は5年ごとに成長するべきと言われたのです。

日々の成長は分からなくても、五年後に成長している姿を想像しながら生きるといいと。

5年後に成長が感じられないなら失敗

5年後に成長してないかもしれないと思うなら、途中で軌道修正が必要

友達や家族、世の中をよく見てみると、5年経てば進化しているはずだと。


赤ちゃんから5年後、劇的に変化する

5歳から5年後の10歳まで、同じく劇的に変化する

中学生、高校生も5年経てばほぼ卒業している、ほぼ大人になる

社会人も5年経てば即戦力に

大学生も5年経てば社会人

5年ごとの変化、成長ってどうだろう

自分の場合、成長していないスパンもあるのが事実

成長したいと意識していないと、あっという間に過ぎ去る5年間のように感じている


働きだして5年間は学生気分が抜けない社会人だった
・学生時代の友達と温泉に行く
・持ち寄りパーティーを休みごとにする
・飲み会を開く
・海外に行った学生時代の友達に会いに行く
・旅行するために働く
奨学金のために働く

働いて6年から10年は会社に不満をかかえ、外の世界に出たかった5年間
・英会話を習う
・海外旅行する
・貯金をする
・転職を考える
・社会人学生をして博士課程にすすむ

その後
・会社はありがたいと感じる
・ぼちぼち旅行する
・貯金を別の資産運用に変える
・博士課程を頓挫する
・家族が増える

大きく捉えれば成長というか変化している。

今後5年の自分自身の成長を考えてみようと思う。

あと5年を何回生きれるのだろう。

5年後の目標を新年の目標に組み入れてみようと、ふと上司の言葉を思い出したのでした。



もう一つ、別の上司から言われたことは、前をしっかり見て歩くことが大事ということだ。

これは行動と精神の両方のことである

しんどくなるとダラダラあるき出す。

不満がつのると、しっかり前を向かない。

元気がみなぎると、しっかり歩む。

やる気があると、前を見据える。


どうも元気が出ない時はこの「前〜」を思い出す。

5年後なんて見えないけれど、今は前をみて歩めているか?

今を正直に生きたい。

今を大事に生きたい。

年の瀬も安産第一→安全第一に!

マネースクエア