生まれ変われるなら何をする

英会話レッスン。

いつもレッスンの始まりはこの質問からだ。

「今週あったことは?」

えーっと、歯医者に行って、旅行して、仕事が忙しくて。

ペットに服を作って、友達とカラオケをオールして。

子供とスキーに行って、日焼けして、お土産は雷鳥の里です。

海外から友達が来るので案内場所を下見して。

生徒4人、先生一人のグループレッスンだったが、それぞれが話していく。

私の場合、毎週毎週報告できるようなこともなく、いつも困っていた。

買い物して、仕事して、でもそんなに話すほどの変化がない。

これはありがたいのかもしれないが、生活に張りがないとも言える。

そして何より会話が盛り上がらない、続かない。


会話に困っている時、先生が持ってくる話題が「生まれ変われるなら何をする?」

この話は誰かが会話に困るとよく先生が聞いてくれた。

生まれ変わったら。。。

生まれ変わっても今の仕事がしたいと話した瞬間、先生はおぉ!グッド!ナイス!すごい!

と前向きなリアクション。

ということは今の仕事は適職だよ!!!!とテンションアップ!

きっと仕事で大成するよとの発言まで。

わたし、、、そんな大成とか考えたこともなかったけど、サンキュー!!!

と前向きになる。


しかし、生徒らの反応は。。。反対

生まれ変わっても今と同じ仕事は考えられない。

もっとお金をもらいたい。

医者がいい。弁護士がいい。

もっと名誉のある仕事がしたい。

仕事をしたくないけど金持ちになりたいなどの反応。

皆、仕事に不満をもっているもよう。

あの時ああしていれば、人生は変わったなどなど。

意外に満足度は低い。

そして、同じ仕事をしたい人はいなかった。


よくビールがコップに半分入っている時の表現で

日本人は半分しかない。海外は半分もある。

ネガティブ=日本、ポジティブ=海外という結果になることが多いらしい。

これは文化の違いなのでいいと思うが、仕事に関する感覚も違うのかもしれないと感じた。

海外は嫌なことはすっぱりやめて、次に挑戦する。

日本は嫌なことも我慢して続けつつ結果をだす。

そんな違いを感じた英会話レッスンだった。


ちなみに英会話に通っていた生徒は私から見て、多くが成功者のようにみえた。

英語を使った仕事をしていたり、やりがいのありそうな仕事だろうと想像して話を聞いていた。

しかし、別のやりたいこと、やりたかったことがあるのかもしれない。

生きているうちに好きなことに挑戦しておきたい。

好きなことに没頭しておきたい。

英会話のノートを見直す度に「うまれかわったら〜」の会話を思い出す。

そして、人生をもっと楽しみたいに行き着く。


先生はオーストラリア人に生まれた。

その後、インド人と出会い、世界中を旅する。

その後、日本に来て結婚、日本が大好き。

日本で英語の指導をしながら心理学を学んでいる。

そして、よく旅にでる。

旅先は聞いただけでもアメリカ、インド、ネパール、ニュージーランド、北海道、滋賀県などなど。

60カ国ほど旅をしたとか。

今はオーストラリアに在住。

秘境に訪れた時の話はよくレッスンで話をしてくれた。

世界の車窓からを見ているような気分。

どこでこんな秘境を見つけてくるのか不思議な程、秘境なところまで。

宗教の違いを感じる話もおもしろかった。

英会話を習うというより、文化の違いに触れたように思う。

生まれ変われないけれど、毎日が新しい一日。

知らない世界を旅したい。