値段固定 fixで買い物

ベトナムに旅した時のこと。

 

友達とベトナムコーヒーを飲んだ。

 

ベトナムといえばコンデンスミルクを入れた甘いコーヒー!

 

カップの上にドリッパーを置いてのドリップコーヒー!!!

 

これでまた一つ違った経験ができる!!!

 

と喜んでいる隣で値段の交渉をしている友達。

 

日本円で200円程のコーヒーを何やら150円にしてもらっていた。

 

おぉぉぉぉ。

 

こちらは、そのまま200円で飲んだよ。

 

マーケットでもない、普通のチェーン店のような店でも値引き交渉できるのね。

 

値段交渉は自分でやらねば同じものでも50円の差。

 

次から自分で挑戦してみよう。

 

しかし、心配なのが英語力。。。

 

次の日も旅のスタートはベトナムコーヒーから。

 

今日は思い切って200円を100円でお願いする。

 

ディスカウント プリーズ!

 

ディスカウント プリーズ!

 

しかし、店員さんは150円でと。

 

なら150円でと、こちら。

 

よし、150円で飲めた!!!!

 

嬉しい50円の値引き。

 

だけども、これなら150円に表示してほしい。

 

結局150円で売りたいのでは?

 

でも50円アップで200円で売れる時もあるのか。

 

まぁ、これも文化の違いかもしれないから仕方なし。

 

明日は80円で聞いてみようか?

 

そして、結局150円になるのか、あるいは130円で飲めるのか。

 

この差20円。

 

旅で悩むのが値引きとチップ。

 

ガイドブックのとおりにいかないのが値引きとチップ。

 

自分流でいいのか、ある程度決まりがあるのか?

 

チップなんて値段を決めてほしい。

 

でもこれも文化の差。

 

翌日、ナイトマーケットでベトナムコーヒーをお土産に買うことにした!

 

よし!

 

今日も迷わず値段交渉開始!

 

日本円で300円程のコーヒー

 

これを思い切って100円でお願いしてみる。

 

ディスカウント プリーズ!!! 

 

OKKKKK!!!!の即答。

 

ほへえぇぇぇ?拍子抜け。

 

もっといけるのか?

 

なら、100円でドリッパーもつけてほしいとお願いする。

 

ちょっと渋い顔。

 

2つ買ってくれるなら100円でドリッパーもつけるという。

 

よって、200円でコーヒー2つとドリッパー2つ。

 

本当か?本当ならお土産にいいけども!!!

 

300円のコーヒーを100円にしてドリッパーもつける?

 

ひとセット100円は無理だけど、2セット200円ならいける?

 

いけるような会話。

 

なら買う方向で。

 

何やら商品をもらうまでに時間がかかる。

 

なかなか持って来てくれない。

 

コーヒーもドリッパーも袋に入れるだけだぞ???

 

やっと出てきたコーヒーたち。

 

コーヒーは2つ、包も2つ。

 

よし、これでOK!2セット買えたぞ!

 

ホテルに帰ってもう一度確認してみると、ドリッパーはなく、包2つはコーヒーだった。

 

よって、コーヒーが4つになっていた。

 

なぜか4つのコーヒーのうち2つは包装されたコーヒー。

 

なぜ?

 

2つはドリッパーの代わり???

 

こんなにコーヒーはいらないけども。

 

これも旅の思い出。

 

ドリッパーは日本で買って楽しもう。

 

結局、1つ300円のコーヒーが200円で4つになりました。

 

一つ50円。ということは6分の1。

 

きっとWin-Winだろうね!!!

 

どこで、ねじれが生じたかは不明だけどもこれでよし。

 

値引きし過ぎもダメということ。

 

日本で飲んだこのベトナムコーヒーはとても美味しかった。

 

結局この後、私は値段の交渉をする旅に疲れた。

 

英語が通じない、値切りしすぎると不機嫌な顔、安くなっても数十円。

 

買い物の度にやる値段交渉への気力が持たなくなっていった。

 

そんな時に目に飛び込んできたのが、値段交渉しなくていいNO DISCOUNT、値段fix。

 

プライスフィックス!!!

 

ここでいいじゃないか。

 

値段を固定しているコーナーがお土産店の端っこにあった。

 

それも、スーパーのように買いやすい。

 

ナイトマーケットは1店1店交渉するしかない。

 

しかし、値段が固定されていれば、ゆっくり吟味できる。

 

値段交渉での勘違いや間違いも起こらない。

 

ここで品物と値段の納得がいくものを買うだけ。

 

値切り交渉に慣れていないので、有難かった。

 

売っているものはナイトマーケットと値段固定の店と同じものも多い。

 

なら、楽に買えて、悩まないこちらで。

 

急に買うスピードが早くなった。

 

あっという間にTシャツやら、置物、香水など大量のお土産を買い上げた。

 

あれ以来、値段交渉はなるべくやらない。

 

友達がいれば、やってもらう時もある。

 

タクシーなどは乗る前に値段を決めてから乗る。

 

これなら不平不満がない。

 

これでいいのだと思っている。

 

買い物の前にある程度の値段を見ておいて、べらぼうに高い値段を言ってくるところでは買わない、乗らない。

 

お互いがWin-Winでこれからも楽しみたい。