初めてのカクテルは女三人で

学生時代、お酒飲める年齢になって、はしゃぎだした。

バイトでお金貯めては、生活費&学費の足しにのつもりが交友費へ。

違うだろ、自分。

でも、理由もないのに、はしゃぎたい。

もっと大人になりたい、大人の仲間に入りたい。

今思えば大人の仲間って何?とか思うが。

そこで、女三人、オシャレなBARに行こうと盛り上がった。

一張羅のTシャツで行こうと話し合う。

一張羅って最近使わないが、使い方はあってるだろうか(独り言)


選んだ店は、少し路地裏にあり、おしゃれな佇まい。

重たい扉。

そして、店内は薄暗い。

カウンターの真正面に通された3人。

こんなど真ん中で飲むの???

丸見え感半端ない。

何やらメニューも多すぎてわからない。

英語もある。

お酒の種類と割り方で書かれていたように記憶しているが、その多さに圧倒。

そこで、オススメを作ってもらうことに。

しかも、個々にお酒の好みを聞いて作ってくれるらしい。

だから一人ひとり特別の味。

特別の色。

特別のグラス。

一点物。

なんだか特別感が増す。

ゆっくりとお酒を作っているが、手際がいい。

はっきり言って、というか正直かっこいいバーテンダー

一人一人に好みを聞いて作ってもらうお酒に酔いしれる3人。

今思えば、カウンターのど真ん中で、早い時間から何の話をする???といった感じ。


バーテンさんの真ん前に並びながら三人で飲むカクテル。

オシャレなバーテンさんにカクテルの作り方を聞いたりして。

でも、作らないだろうと思うし、作らないだろうと思われていると思う。

でも、いい気分でお酒が飲めた。

しかし、お酒の味は覚えていない。

覚えているのはお酒の色。

あのきれいな形のカクテルグラス。

見た目が良すぎる夢の世界。

きれいなブルーのグラデーションに吸い込まれ。

あんなにきれいなお酒は久しく飲んでいない。


バーテンさんは、自分たちの着ていった服の話をふってくれる。

なんだか個性的なTシャツですねと。

ありがとう。ありがとう。

待ってた訳じゃないけど、待ってました!!!

気づいてくれてありがとう。

このTシャツは一張羅ですとは言わないけど、褒めてもらって満足。

自己満足のものなのです。

その後、数種類のカクテルを楽しみ、私は顔を赤くして終了。

帰りは三人とも浮き足立っていた。

暑い夏の日のカクテルの思い出。

お酒の味は思い出せないけども、思い出は素敵である。


あの日のTシャツのことは今でも覚えている。

あの時着ていたTシャツは前面に少しの英語が印字されていた。

さらに、裏側からも英語を貼り付けているデザイン。

だから、よくわからない英語がうっすらとTシャツの裏から透けて見える感じ。

表も裏からも英語。

今思うと、なぜそれをバーに着ていったのだ。

と言ってやりたい。

おしゃれだと思うけども、バーにはどうだ?

場違いじゃない?

場違いだったかもしれない。

でも、バーにドレスコードはないだろう。

あの素敵なデザインのTシャツはカクテルの素敵な色とともに脳裏に焼き付いた。


今年の夏はこだわりのTシャツを探してみようと思う。