雨に打たれて

久々に雨に打たれた。

近所のスーパーからの帰りだ。

毎日、ニュースで天気を確認していた。

さらに、スマホで天気をリアルタイムに知ることができる。

それなのに、雨に打たれたのだ。

今日は朝から夜までずっと曇りの予報。

3時間予想でもずっと曇りマークが連なっている。

雨は降らないだろうと油断していたのかもしれない。

この日は、運動しようと思い、家から歩いて20分ほどのスーパーマーケットへ徒歩で。

行きは予報どおり確かに曇り。

買い物を済ませて、店から出た時も曇りだった。

何も気にせず店を出て5分程歩いたら、一気に曇りだす空。

やばい。

直感で雨が降ると分かった。

しかし、店を出て5分は歩いている。

今から店に戻るのはやめて、家まで急ごう。

しかし、この読みがあまかった。

数分後、雨が降り出した。

あっという間に、本降りへ。

スーパーの袋がだいぶ雨に打たれて、袋に雨が流れている。

買ったものが。。。

服も髪もやばい、かなり濡れてしまう。

たまたまウィンドブレーカーを防寒に着ていた。

だから、その帽子をかぶり、雨をしのいだ。

ウィンドブレーカーは雨も弾いてくれた。

しかし、下はジーンズ。

ウィンドブレーカーから流れる雨がジーンズへ。

急いで家に向かう。

残りを急げば10分もかからない。

急げ!

ふっと見渡すと、だれも歩いていない。

あら?こんなに人を見かけないのも珍しい。

車すら通らない。

すごい、いつもは犬と散歩する人、親子で買い物に行く人、自転車の人など出会っている。

しかし、雨の中では誰にも出会わない。

みんな、今、雨が降るということを知っているに違いない。

すごいタイミングで飛び出したのは自分だけ。

ちょっとおかしくなった。

誰もいない町。

いつでも情報が手に入り、雨雲の様子も数時間、数分後の動きまで確認できる。

そんな中、誰もいない道を傘も持たずにひたすら歩く自分。

道を独占。

雨も独り占め。

そして、開き直る。

買い物袋を引っさげながら、ぴちぴち、ちゃぷちゃぷ、らん、らん、らん。

やっとの思いで家にたどり着いた。

スマホを確認してみると「雨雲が近づいています。」のお知らせ。

時すでに遅し。

気づくのがちょっと遅かった。

このお知らせに気づいて、洗濯物を取り込むことは多いのに。。。

今回は気づけなかった。


雨の中、急いで歩いたので、いい運動になった。

あの誰もいない道。

静かな道。

独占しているような、孤独なような。

みなさん、雨は嫌いですか。