父よ、ありがとう

今週のお題「大切な人へ」

バレンタインということで今週のお題が大切な人。

今年のバレンタインは特に何もしなかった。

平常運転で過ぎ去っていきました。

そう、バレンタインは大切な人のことを思う日ですね。


私の大切な人、それは父です。

もちろん大切な人は他にもたくさんいますが。



父との記憶。

私が4歳くらいだろうか。

黒の小さなカバンにお弁当、メガネ、マスクを入れて毎日、毎日仕事へ。

土曜日も夜まで仕事。

休みは日曜日のみ。

休みの日曜日はしんどくて、遅くまで寝ていることが多かった。

父が元気な日曜日、よく美術館に連れて行ってくれた。

描くことが好きで無口な父。

今思えば、豊かな日曜日である。

今思えば、子供4人をつれて美術館なんて、死ぬほど大変だったはず。

無口な父は文句をほとんど言わない。

そして、人の否定もしなかった。

そんな不平や不満、やりきれない思いは全て絵に描いていたのかもしれないと思う。

子供の頃は、父が描いた絵で家がどんどんせまくなっていくことが嫌だった。

なんと心の狭い子。

でも、今思えばそれも豊かな生き方だったと思う。

油絵に日本画、陶芸に、ペン画など。

自由にスケッチ帳をめくっては遊んでいた記憶がある。


私の進路や生き方も否定したことはなかった。

たくさん言いたいことはあったと思う。

無口ではあったが、無関心ではなかった。

そんな父に気づかずに、何もしてくれない人と思っていた私。

情けない。

でも、今ははっきり分かる。

私の思いを、私のことをずっと、応援し背中を押してくれていた。

ありがとうを伝えたい。


そんな父が倒れた。

様々な手術を乗りこえ元気になるものの、みるみる弱っていった。

会うたびに、小さくなっていく父。

そして、会う度に、私のありがとうの気持ちは大きくなっていく。


息苦しい中、人工呼吸器をつけながら、私に声をかけてくれた言葉。

父の最後の言葉は

「ありがとう」だった。

それを聞いて何も返せなかった。

胸がいっぱいになって。

そっと手を握って。

こちらこそ「ありがとう」

これからも、何度でも送るよ。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

もう、頑張ってとは言えない状態だった。

帰りの道で久々に泣いた。

もう駄目かもしれないと思った。

自分の家に戻って3時間後、父の呼吸が止まった。


そして、後から知ったことだが、父は私と私の家族の健康を願っていた。

何よりも体を大事に健康で生きろと。

ありがとう。

父はバレンタインとはこういうことだと教えてくれたようだった。

大切な人に「ありがとう」を送る日、バレンタインデー。

父よ、ありがとう。

いつも、いつまでも ありがとうを贈り続けます。