ラジオ出演

仕事でラジオに出演することになった。

それも生放送だ。

パーソナリティーさんと話しながら仕事の宣伝をさせてもらうというものだ。

出演の1〜2週間前に何を話すのかについて打ち合わせをする。

まずは宣伝したいことの資料集め。

とりあえず多めに集める。

初めてのことなので、余裕を持って、確実に。

落ち着いて、間違いがないか確認。

打ち合わせはベテランのパーソナリティーさんのおかげでスムーズに。

複製した資料を渡し、伝えたいことの内容を説明。

こんな流れがいいのではとアドバイスもいただき納得。

あとは本番を迎えるだけとなった。


いよいよ本番の日。

ラジオ局のスタジオに15分前に到着。

温かいお茶をいただき、ソファーでリラックス。

携帯電話など鳴り物はスタジオには持ち込まず、ここの待合室へ置いておく。

パーソナリティーさんが出迎えて下さり、お茶を囲みながら時間を待つ。

なかなか来ないスタート時間。

余裕がないと生放送だから。時間ぎりぎりよりはいいね。遅刻は駄目。

パーソナリティさんは、あそこの「うどん」が美味しかったとか、今度、新たまねぎを分けてあげるねとか、終始リラックスムード。

なかなか来ない本番。

やっぱり緊張するよねぇ。。。とか考えすぎずでいこうと腹をくくる。

お茶の飲みながら話しているうちに、不思議と心が軽くなる。

なんとなくいつもどりの感じに。

すごいパーソナリティさんの話術。

そして、温かいお茶の魔力。

温かい部屋の不思議。


心臓のドキドキがなくなったところで防音の部屋に入り、いよいよスタート。

パーソナリティーさんがポチッとボタンを押して話し出す。

なんと透き通る声。

声がいいとは、こういうことか。

めちゃくちゃ聞き取りやすい。

いつもどおり。いつもどおり。前向きに。前向きに。

ついに質問を投げかけてもらう。

さっきのお茶を囲みながら話したノリで話してくれている。

心の硬さが取れていき、緊張は少なめ。

うまく答えられる。

これが初めてのラジオだった。


もちろん、すべてうまくいったわけではない。

まず、質問に間違えて答えたものもある。

あぁぁぁ違うと思ったら、パーソナリティさんがうまく訂正してくれた。

よかったぁぁぁぁぁと思うのも束の間。

もうひとつミスをする。

年度と年のちがいについて混乱したのだ。

「この催しは2020年度3月の予定です」と「この催しは2021年度3月の予定です」と混乱。

ここを混乱して間違う。

2021年度だとだいぶ先だぞ。。。とか後になれば自分に突っ込めるのだが、その時は駄目だった。

脳が思考停止した。

これもうまく訂正してくれた。

この年度については、話している最中は気づかず、指摘してくれるまで、分かっていなかった。

普段何気なく使っていると、頭が真っ白になった時、正解を理解するには時間がかかった。

これもパーソナリティさんのおかげで、うまく訂正でき、間違いなく伝えられ、すべてが無事終了。

よい経験をさせていただきました。

ほっ。

まさかのラジオ出演でした。


その後、年に2回ほど出演させてもらっています。

もう10回以上の出演になっているでしょうか。

何度経験しても本番の緊張感には慣れません。

でも今では間違っても、気づけば慌てず訂正をする。

会話の中のように、スムーズに訂正。

そして、最後にパーソナリティーさんが適切に訂正をしてくれている。

パーソナリティさん、ありがとう!

プロの仕事に触れる度に、感動が増していく。そして、異分野の仕事に触れると少し世界が広がるように感じている。

自分も頑張っていこう。