怖かった傘の話

2月の雨は冷たい。

もう少しで春がそこまで来ているのに、遠い。暖かい春が遠い。

そんな時に容赦なく降る雨。冷たくて、寂しくなる。

傘が人の顔をすっぽり覆う。

そんな人々が行き交う町。


知り合いが出くわした傘の怖い話。

その日も雨だった。それも、朝から雨。

冷たい冬の雨の日だった。

長い信号待ちをする知り合い。

なかなか変わらない信号。

寒くて傘の中で小さくうつむき信号が変わるのを待つ。

やっと信号が青に変わる。

パラパラと人々が渡り始める。

向かいで信号待ちをしていた中年男性がこちらに近づいてきた。

なぜか、こちらの真正面に向かってやってくる。

もちろん、少し道を譲るようによける。

しかし、傘で顔が見えない向こうから来る男性は同じ方向へ動く。

えっ?

道を譲ろうとしているのに、なぜかぶせてくる?

でも、これはよくあること。

もう一度相手を伺いながら避ける。

しかし、どうも向こうの動きと重なる。

傘を少し持ち上げて、相手の様子を伺おうとする。

すると向こうから来る相手も傘を少しあげて、一声。

まさかの一言だった。


傘を交換してください。

怖い一言。

こんな丁寧な言い方ではなかったかもしれない。

知り合いは、思わず相手の傘を見上げた。

だいぶ古い品だ。

横断歩道を渡る途中の出来事。

早く渡ってしまわなければ。

しかし、怖い、怖すぎる。

逃げれるのか、どうなのか。

頭が真っ白になり、とっさに「どうぞ。」とつぶやいていた。

相手はさっと傘をとると、自分の傘を強引に渡して、雨の闇夜に消えていった。

振り返ることもできず、家路を急いだ。

怖い。怖すぎる。

泥棒なのか?酔っ払いなのか?

今は早く帰ることが第一優先だ。

心臓をばくばくさせながら、小走りで帰った。

家に着くと、急になくなった傘のことを考え出した。

あれはもらいものだ。

100円の傘などない時代。

傘は傘の修理屋さんで何度も修繕して使う。

あの傘は骨がしっかりしていて、芯がしっかりしているスグレモノだった。

素敵な傘だった。

でも命より大切なものはない。


そして、もう一つの傘。

家に泣く泣く持ってきてしまった相手の傘のことも考えた。

これをどうする?

これを。。。あの信号のところまで明日にでも返そうか。

でも、晴れた日に信号機の下に傘。

誰かがその傘につまづくかもしれない。

そんな傘は危ないし、迷惑だ。

でも、どう考えても知らない人の傘を使う気にはならない。

そして、そっと捨てることにした。

どこの誰かもわからない人の傘を使えない。

もう古いし、警察に言うのも億劫だ。

だから、捨てたのだ。

そして、交換してしまったあの素敵な傘には及ばないが、気に入ったものを買った。

あの怖かった日の記憶は月日の流れとともに、少しずつ小さくなっていく。

でも、雨の日の信号待ちをすると甦る。

怖かった気持ち。

あの傘は大事にされたのだろうか。


この話をしてくれた知り合いに感謝している。

大事なものは人それぞれ。

それが失われた時、人は傷つく。

しんどい気持ちを抑えながら、教えてくれてありがとう。

きっと、とんでもなく怖かったに違いない。

なぐさめることなどできなかった。

でも、命があって、怪我がなくてよかった。

また、新しい傘とすてきな思い出を作ってほしい。

ありがとう。

気づけばもう3月だ。