一歩踏み出すとき

3月11日が過ぎた。

多くの人にとって特別な日。

一歩ずつ、一歩ずつ、歩んでいきたい。


f:id:ayae77:20060702080138j:plain

ポーチュラカ

この花をみると懐かしくなる。

なぜだろう。

日本語、和名はハナスベリヒユ、花滑りひゆ

この「すべりひゆ」は葉を茹でたときに出てくるヌメヌメからきているとか。

って葉を食べていたのか!!!???食べられるのか!!!

怖いので、調べてから食べてください。


ポーチュラカは子供の頃、近所のお庭や鉢植えでよく見ていたのに最近見かけない。

花にもブーム?流行りがありますね。

葉が少し多肉質でぷにぷにしていて、かわいいです。

同じく懐かしく感じる花に松葉ボタンがあります。

マツバボタンポーチュラカと同じ雰囲気で葉が松葉状に細い。

でも、葉はぷにぷにという具合。

松葉ボタンは和風の大きな家の庭、特に石垣の足元によく見かけていた。

この松葉ボタンも見かけなくなっている。

なぜか見なくなると見たくなる、不思議な花です。

花はもう少し暖かくなってから。

今年はポーチュラカマツバボタンを探す散歩をしてみよう。


f:id:ayae77:20070331092659j:plain

こちらはハナカイドウ

漢字では花海棠と書くようです。

意味はちょっと。。。わかりません。

このハナカイドウは桜とも梅とも、桃とも違う美しさ。

とってもきれいなのに、なぜかお花見とかに選ばれない不思議。

私はこの花が好きなのです。

濃いピンク色の蕾。花の軸がすっと伸びて、少し下向きに咲く。

この花のふんわりした感じがいいなと思う。

花は桜などと同じであっという間に終わってしまうので、今年も逃さないようにハナカイドウを探そう。


f:id:ayae77:20080624151626j:plain

トケイソウの花。

この花の形、神様が作り出した賜物だってくらいすごいと思う。

人間もすごいけれど、花もすごい。

飽きないくらい繊細で美しい。

このトケイソウは名前の通り時計に見えるからトケイソウ

でも、海外ではキリストの受難の花、パッションフラワーというらしい。

passion flower 受難の花。

時計の針に見える部分が十字架にみえるとか。

そんな。。。ことない。

passionには情熱という意味もあるらしく、情熱の花なら、納得なのですが。

見方も感じ方も人それぞれですね。

この花はつる性の植物で、くねくね伸びたつるの中に、あっと驚くほどきれいな時計の花を見つける。

この感じが好きなのです。

まさかまさかの花なのです。


さらにクダモノトケイソウという同じ仲間があり、これには直径5cmくらいの実ができて、たべることができる!!!!

これがパッションフルーツ!!!

花も実も最高じゃないか!!!

桜からの「さくらんぼ」もすごいけど、クダモノトケイソウからの「パッションフルーツ」もすごい。

最近見かけてない、パッションフルーツジュースを飲みたい!

今夏はパッションフルーツを探す!

少しずつ、少しずつ楽しみを見つけながら、まずは一歩を踏み出そう!

そんな気分です。


最後は四季なりイチゴ。

一季成りのイチゴと比べると小さくて、かわいい。

f:id:ayae77:20080624144648j:plain

花も果実も控えめ。

そんな足元の小さな幸せを拾い集めて。

また、花のこと書きます。