死なないでと叫びたい

死にたいほど辛いときは誰にも相談できないのかもしれない。

相談しても解決なんてしないのかもしれない。

相談すれば何かが悪化するのかもしれない。

死にたくなっているのは相談した結果かもしれない。

死にたいのは、よくよく考えた後、やっぱり死にたいなのかもしれない。

きっとひとつひとつ理由は違う。

もしかすると、死にたいは答えなんてないのかもしれない。ふっと死にたくなるのかもしれない。


でも、私は死なないでと叫びたい。

どんな理由があろうと死なないでと叫びたい。

あなたはどこかで誰かとつながっている。せっかく生まれてきた命、大切に、大切に全うしてほしい。

あなたの代わりはどこにもいない。あなたが生まれてきた理由は必ずある。


身近な人が大切な人を失った。それに私は耐えられなかった。

私の身近な人は、大切な人を失いました。

死を選んでしまったのです。

ご飯を買いに行き、一度家に戻り、そのご飯を食べる前にふっと出かけて行って帰らなかったのです。

当たり前の毎日はもう二度と来ない。一緒に笑える日々も二度と来ない。

気になるすべてのことを投げ出して、選んでしまう死。

よく考えたのか、それとも。。。答えのないまま今があります。



それを知ったとき、視野がせまくなり、呼吸がうまくできず、歩けませんでした。

何日も何日もふさぎ込んで、やっと立ち上がったとき、私はまだ立てるのだと、まだ、生きているのだと感じました。

でも、それより何より、側でもっと泣いている大切な人がいました。

悲しみがあふれていました。

どんな慰めの言葉もかけられない、どんなことをしてもこの悲しさは消せないと思いました。

ずっと、ずっと、ずっと、側にいるだけ。

自分の力のなさをこんなにも感じたことはありません。



何度も何度も自問自答したのですが、答えなんて出てこない。

本人にしか、わからないこと、本人にもわからないこと、あったのでしょう。

だから今は理由を考えていません。理由がわかったところで、もう元には戻らない。



仕事に行かねばならない日々が始まった。

家を出ても鍵穴が見えないし、定まらない。目が霞んでいるのか、手が震えているのか。

数段の階段がうまく降りられない。

どんなに前を向こうとしても、現実だけが前にやってきて、気持ちを塞いでいく。

残された人はずっと苦しいまま。なんとかできなかったのか自問自答する日々。



死ななければ、償うこともできたでしょう。

死ななければ、幸せを感じたかもしれません。

死ななければ誰かの役にたてたかもしれない。

でも、これは生きている人側からの思い。

ここまで書いて思うのは、死にたい人に寄り添えていない自分がいる。

わからない自分がいる。


死にたくならない社会を!死にたいを吹き飛ばす人生を!

死にたい人と死なせたくない人との対峙。

生きていることに、ありがとうと思える日々に感謝して。

そんな気持ちが小さな何かに消されては生まれて、そして、また、消されてゆく。