コロナウィルスと日々

もうコロナウィルスの件も長くなってきました。

いつからか思い出せないくらい。

2020年2月、新型コロナウイルスが猛威をふるっている。

2020年2月4日、厚生労働省からのお知らせは以下だった。

1.国外の発生状況について
・海外の国・地域の政府公式発表に基づく
 ・2月4日9:00現在、日本国外で新型コロナウイルス関連の肺炎と診断されている症例及び死亡例の数は以下のとおり。
・中国:感染者名20,438名、死亡者425名。
・タイ:感染者19名、死亡者0名。
・韓国:感染者15名、死亡者0名。
・台湾:感染者10名、死亡者0名。
・米国:感染者11名、死亡者0名。
ベトナム:感染者8名、死亡者0名。
シンガポール:感染者18名、死亡者0名。
・フランス:感染者6名、死亡者0名。
・オーストラリア:感染者12名、死亡者0名。
・マレーシア:感染者8名、死亡者0名。
・ネパール:感染者1名、死亡者0名。
・カナダ:感染者4名、死亡者0名。
カンボジア:感染者1名、死亡者0名。
スリランカ:感染者1名、死亡者0名。
・ドイツ:感染者12名、死亡者0名。
アラブ首長国連邦:感染者5名、死亡者0名。
フィンランド:感染者1名、死亡者0名。
・イタリア:感染者2名、死亡者0名
・インド:感染者3名、死亡者0名
・フィリピン:感染者2名、死亡者1名
・英国:感染者2名、死亡者0名
・ロシア:感染者2名、死亡者0名
スウェーデン:感染者1名、死亡者0名
・スペイン:感染者1名、死亡者0名

 

この頃、中国を除いて感染者は一桁から二桁。

 

国内の発生状況について
・2020年2月4日12:00、確認されている患者は16名。
・居住地が中国9名
・退院が1名、入院中が15名

 

あの頃の状況。

新型コロナウイルス感染症は、流行が認められている状況ではない。
国民の皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要。
感染症対策に努めていただく。

上記が厚生労働省のHPに掲載されていた。

 

そう、未来はわからない。

あの頃、安心はできないけども、風邪やインフルエンザ対策をしながら過ごそうと思っていた。

しかし、連日ニュースではコロナウイルスがトップ。
豪華客船から出られないとか。不安が膨らんでいく。


マスクはどこも底をつきていた。
おまけに消毒液も殺菌剤もほぼなかった。
これは大変なのか?
大変だ、大変だなのだ。でもマスクは代替品を考える。

感染するまでは感染しない体つくり、精神作りって楽しいことをいつもより少し気をつけてやる。

 

ある程度の状況がわかれば、後はなった時にどう動くか。

もう心配しすぎるのはやめよう。

不必要な買い占めはやめよう。

そんなことを思っていた。

ほぼ一年が過ぎたけど、この気持は変わらず。

 

さて、株価でもチェックしますか。

ほへ????低迷していたアイロムグループ。

東証1部 2372

このアイロムがびっくりするほど高騰!(2020年2月3日)

出来高も一桁違う動き。

なにがあった???

この日は、アメリカダウの動きを受けて、軒並み株価が下がる中の高騰。

珍しい、なぜだ?

ネットで検索してみると、コロナウイルスにつながる。

なんと、タイの保健省がインフルエンザとHIVエイズウイルス)の混合薬がコロナウイルスの症状を改善すると発表。

感染の拡大を食い止めることができるかもしれないとのこと。

そして、この薬に関連しているのがアイロムグループと。

ほぉー、こんなつながりで一日で100円以上、いや、もっと値上がり。

その日は、いつものように売られることもなく、あっという間に1500円中程まで値上がり。

コロナウイルス関連の銘柄が熱いとうわさでは聞いていたが、実感したのは初めて。

これは、よい方へ動いたのでよかった。

しかし、反対だったらと思うと。。。

翌日、1300円代まで落下、ほぼ全戻し。

日足を見ると、すごい動き。

こんな動きするなら触りにくい。

しかし、熱い銘柄、資金が集まるはずと信じて保有

まぁ、現物なので気長に気長に。

 

数ヶ月が流れる。

 

コロナウイルスの流れは大きく変わる。

2020年3月下旬から感染が拡大し、4月には学校が休校に。

どこもかしこも閉まっている。自粛している。

マスクは売りだしたもののびっくりするぐらい高額。

町ゆく人は手作りのマスクをしている。

そして生活最低限の移動。買い物は手を消毒してから開始。

こんな日々が続いた。

 

2020年5月のアイロム株の値動き。

やはりコロナウイルスワクチンの関連でアイロムが株価を上げてきた。

なんとすごい流れにのっている様子。

ストップ高2連チャン。これで一気に手放す気が湧いてきた。

そう、この含み益なら手放す。頭と尻尾はくれてやれ!!!!

欲を出しすぎるのはだめ。

2年ほど前から保有していたアイロム株を売却。

iPS細胞に期待して、ノーベル賞のたびに思い出すアイロム

そしてiPS細胞を応援したくて、一歩でも健康に過ごせることを願って購入。

しかし、購入してからは下がりっぱなし。

ほんの少し買値を超えるものの利益がでない。

天井で買ってしまった。。。

あとの祭り。 

正直持っているのに疲れた。疲れすぎていた。

ずっとひどい含み損だった。 

もちろんナンピンはしていたが、含み損が減るわけではない。

持ち値が下がるだけ。

激しい値動き、凪、激しい値動きからの、やはり下がる、そして、長い凪

だから、疲れる。

だから、ある程度利益が乗ったら手放すと決めていた。

ってことで、2020年5月GW開けに微益ですが撤退!私には大金!

さぁ、アイロムのiPS細胞を応援しながら次の買いどきを待ちます!

 

 P.S.その後のアイロムは2020年6月1日にまたまたストップ高!!!

なんなのぉぉぉぉ。私の頭と尻尾はでかすぎた感満載!

これが株なのだ。これが私の取引なのだ。

 

株に関しては医療への期待の高まりなのか、世界の閉塞感と逆行して上がった。

ここからワクチンや薬、医療関連が経済を世界を支えてほしい。

その後数ヶ月買い場があったのかもしれないが、自分的には買わず。

また安値をねぇ

 

そんなコロナウイルスの渦中、子供のアトピー性皮膚炎が超悪化。

年齢と共に治ってくるというのは人それぞれ?

一向に良くならず、ただ波があるといった感じ。

ひどいときは一日で豹変する皮膚炎。

しっかり薬で治療して皮膚炎を治めていたのに、花粉に気温の高まり、それから乾燥で駄目なもよう。

 

仕方なく皮膚科で診てもらうことにしたが、頭をよぎるコロナウイルスの恐怖。

でも、このアトピーを放置しておくと顔中、体中が血だらけになり、大変になるのは目に見えている。

でも、皮膚科医院は超絶狭い、入り口は1箇所、そして何より混雑しすぎる人気。

でも仕方ない不要不急じゃない、急を要する。

こんなときにリモートとか薬とかもらいたいけど、間違いが許されないから無理か。

 

恐る恐る診察に行くとやはり大混雑。

でも、半分ほどの方は外で診察待ちをしている。

そして、入り口のドアは全面開放。

ドアのノブを何度か消毒してくださっている。

気持ちが少し楽になった。

 

皆がコロナウイルスと戦っているようでした。

もちろん皮膚を診てくださるお医者さん。

外で診察待ちをしてくれる若者や足腰の丈夫な方。

ドアノブを消毒してくださる受付の方。

仕事が休めない薬剤師の方。

薬を工場から運んでくれる方。

皆に支えれれながら、子供の薬をもらうことができた。

体、顔、目の周り、じゅくじゅくしたところ、頭、そして飲み薬。

なんと、薬の種類は6種類。

 

コロナウイルスの脅威が少しでも減りますように。

コロナウイルスの素性がわかりますように。

コロナウイルスのワクチンなり薬ができて、うまくコントロールできますように。

そして、傾いた経済が平穏を取り戻し、いつもの生活が戻ってきますように。

それから、コロナウイルスが出てくる前よりも発展していきますように。

 

今日も手洗いうがいの徹底。

アルコール消毒。

飲み物で喉を潤す。

部屋の換気を定期的にする。

運動不足に注意する。

栄養のあるものをしっかり食べる。

今ある健康を大切に。

 

そして明るく元気に過ごす♪

最後までありがとうございました。

 

元気な地球、元気な経済♪