自動車教習所で

自動車教習所のことってなぜか記憶に残っている

やはり、あの大きな車を

動かせるようになるからだろうか。

それとも、バイト代をせっせと貯めて

バイトの合間に、時間を作って行ったからだろうか


学生時代のことは忘れ去ろうとしているのに

教習所の先生のこと

そして、出来事

あの仮免、あの試験と覚えている。


まずは先生。

私の先生は心臓が悪い先生だった。

言葉がダイレクトで申し訳ないが、先生本人がおっしゃっていた。

私は心臓が悪いので、うまく運転してください。

そんな先生だった。

もちろん慎重に運転していたつもりだった。

しかし、そこ!ブレーキ!!!と大声で言われると

思いっきり踏んでしまったブレーキ

一瞬沈黙。

そして、揺れる車体。

やってしまった。

下手な運転やってしまった。

そして、先生が心臓に悪いので勘弁してくださいという。

この繰り返しだった。

本当に心臓がわるかったのかもしれない。

でも、それならそれで、問題があるような。

何かあったら大変です。

ろくに運転できない生徒と高速道路を走るとか

そんなこんなで、自分の担当した先生のことは忘れられません。


今でも、人の車に載せてもらって、急ブレーキを踏まれると

いつもあの心臓の先生を思い出す

今頃リタイヤされて、元気にされているだろうか。

うまく運転できる生徒はいい。

私は下手であった。


そして、もうひとつの思い出。

それは本試験。

本試験に落ちるとお金がいる。

だから、必死で頑張った。

みんな、試験前に追加で受講したりしている。

しかし、もうバイト代が消え入りそう。

マニュアル車の試験。

エンストで一発アウトらしいと噂が飛び交う。

そらそうだ、一般道路の真ん中でエンストとか。。。

だめですね。

でも、そういう時もある。今でもある。

坂道とか特に。

落ち着いてエンジンをかければいいのさ。


必死に運転して、確認して一発合格だった。

嬉しかったというより、これ以上お金がかからないことに安堵した

バイト代の全額を払った教習代。

学生時代に全力で取った免許。

いまでも生きている。

そして、マニュアルも乗る仕事だ。

あのとき5万円程教習代が高ったマニュアル車にしておいてよかった。

バイトを頑張った自分をほめる。

そして、学費を払ってくれた親に感謝。

うまく教えてくれた先生に感謝です。


最後に、教習所での出会い。

そう、教習所までバスかバイクで行っていた。

そのバスの中での出来事。

私の名前をどう知ったのか、○○さんですよね?と声をかけられる。

自分より5〜10歳ほど若く見える。

はぁー、そうですけど?

なぜわかります?

好きなバンドマンと同じなので。

いや、なぜわかるのさ。

どこかにかいてあったのかな。

そんな風に人の記憶に残してもらう。

そして、声をかける勇気。

それも、寿司詰め状態のバスの中だよ。

そして、沈黙。

全く知らないから、会話が続かない。

話しベたで、ごめんよ。

バスから降りて見失った少年。

これでいいと思っていたが、少年は私の学校を見つけたよう

学校の事務に電話をかけていた。

どこで、私の通う大学を知ったの?

もしかして手当たり次第?

ちょっと不思議。

事務の人が、知り合いですか?とかけてきた。

だから、事務の方にやんわりお断りをお願いした。

人見知りが激しすぎて、そこから仲良くとかできなかった。


しかし、出会いとはいろいろあるものだ。

あの時の少年もおじさんだろう。わたしもどっぷりおばさんである。

以上が自動車教習所での思い出でした。