揚げたて天ぷらとTPO

NOVAという駅前の英会話スクールに行っていた頃のこと

毎週、毎週頑張って参加していた

駅前留学

そう、CMにつられて、友達に誘われて

頑張って習っていた。

その後、NOVAがなくなり、英語も途切れがちになったのだけれど

 

そんな駅前留学の帰りに大学の恩師から電話があった

今から、お食事できますかとのお誘い

おぉ、ちょうど駅前にいますから

近くにいるのでは!!!

と気持ちを高ぶらせて答えて電話を切った

その後、我に返る

私、超ラフな格好だ

夏だから、夏だからということにしたい

でも、先生に会うにはふさわしくない格好

 

先生に折り返し電話した

実は、毎週通う英会話に参加した後でして

ちょっと服装がラフなのです。

実は、草履です

ビーチサンダルなのです。

なぜ駅前まで行くのに草履なのだ

未だに後悔がある

英会話はリラックスが必要と聞いていたから

ビーチサンダルなのか

毎週の習い事に慣れすぎたのか

完全に場違いな自分に気づく

 

そうだ、タイミングが悪い時はとことん悪い

しかし、先生はそんなこと気にせずでいいと

久しぶりに楽しく話して

元気を出しましょうといった感じ

それを真に受けて

ビーチサンダルで会うことに

そして、上服は「ちびT」というピチピチのTシャツで会った

確かに先生は気にしてない模様

この時TPOという言葉は知らなかったが

完全にTPOがずれている

 

極めつけは今から天ぷらを食べにいきましょう

やったーーーー!!!

と思ったものの

我に返る

この格好で大丈夫?

先生はOKという

なら、OK

天ぷらは揚げたての天ぷら屋だった

始めてだった、こんなに目の前であげて、

ひとつひとつ出してくれる

 

美味しい

今までにないぐらい

美味しい

もう、格好のことは忘れよう

今は美味しく

そして会話を楽しもう

先生、素敵な時をありがとうございました。

天ぷら屋さん、ありがとうございました。

次会う時はきっちりと

そう、きっちりめの格好で!

普段からきっちりとしたいけど

でも、仕方ない

英会話に行くのに気が抜けてきていたのは事実

 

NOVAもそれぞれだ

学生さんから

社会人らしいスーツの人

サンダルの人

半ズボンの人

セクシーな人

そんなこと気にしてない

素敵だというときだけ会話になる服装

英会話の出だしは服装のこととか

髪型

先週は何をしたかとか

あのTVみたかとか

あのニュースどう思うとか

日常が溢れている

そんな日常の延長線上の習い事になると格好も気にならなくなる

 

という言い訳。

今後も美味しい天ぷらを食べるたびに

先生とあの服装を思い出すだろう