ヨシタケシンスケさん

ヨシタケシンスケさんの絵本をプレゼントしてもらった。

それは、とてもとても疲れているときで、何もかもなげだしたいときだった。

絵本ってことで、すぐにぱらぱら見る。

タイトルは「ぼくのニセモノをつくるには」だ。

絵に脱力感あり、迫力あり、かわいらしさありで、嬉しくなって読み進む。

主人公、ぼくの心のつぶやきがたくさんでてくる。

そして、共感できる自分がいる。

自分もつぶやきたくなったりもする。

絵に癒やされて、言葉に癒やされて。

そして、ちょっと自分に正直に生きたくなる。

正直に生きているつもりでも正直じゃない自分に気づく。

やさしい気持ちになって、一日をスタートする。


何日か過ぎた日、同じくヨシタケさんの本を本屋で見つける。

タイトルは「思わず考えちゃう」

このタイトルに惹かれて、ぱらぱら立ち読みして購入を決定!

次はこちらを読みます。

たくさんの思いがつまってそうです。

楽しみ楽しみ。