思い出 戯言

勝手に2:6:2の法則

まだ4月なのに仕事が進んでいない。つまずきたくないところで、つまずいている。そんなことでは、前に進まないどころか、仕事が溶けてなくなってしまいそう。初心に帰って、前を見て、一生懸命進む、みんなで。そこに襲いかかったコロナウイルスの脅威。仕…

ダメ出し

仕事でダメ出しを食らった。 確かに言われても仕方ないくらい 仕事ができていない わかっているけど進んでいない。 なぜ? 気持ちがついていかないのだ。 だけど、もう一度背筋をただし 前を向く。 良くしたい一心で踏ん張るのだ。 きっちりできているところ…

車屋さんとプライベートで遭遇

とあるラーメン屋を訪れたときのこと。いつもお世話になっている車のディーラーの担当さんとばったり出会った。正確には出会ってしまった感じ。こちらは思わず、こんばんは、いつもありがとうござい。。。と小声で会釈。しかし、お相手は気づいておられない…

お金を持って死ねないけども

お金を持って死ねないけども、お金はもっとほしいと思う、なぜこうなるのか? あれもほしい、これもほしい、あれもしたい、これもしたい。 お金の情報がインターネット、SNSにあふれている。 本当の情報なのか、嘘なのか、あげます、増えます、あなただけに…

神に誓ってないという言葉

神に誓ってないという言葉を子供の頃によく使っていた。これらは大概嘘だった。「神に誓ってない」はずの事は、次の日にあっさりと覆り実行されたと知る。子供のころはそれでいいのだろう。人は小さな嘘をつきながら、大きな嘘をつかなくなるのだという。今…

当て逃げされた時のこと

とある喫茶店の駐車場で当て逃げされた。真夏の暑い暑い真っ昼間。私はえらい教授の先生と対面で打ち合わせをお願いしていたので、車で喫茶店へ。喫茶店の駐車場に着いて車を止めようとしていた時のこと。すでに駐車していた赤のボルボが急に動き出した。後…

一歩踏み出すとき

3月11日が過ぎた。多くの人にとって特別な日。一歩ずつ、一歩ずつ、歩んでいきたい。 ポーチュラカこの花をみると懐かしくなる。なぜだろう。日本語、和名はハナスベリヒユ、花滑りひゆこの「すべりひゆ」は葉を茹でたときに出てくるヌメヌメからきている…

怒られること

最近感じること。それは怒られることが減ったこと。振り返れば、怒られることが多かった学生時代。いつも反発、反発、反発。子供時代も怒られてばかりだったように思う。なぜか、怒られた思い出だけが大きく膨らんでいるように感じる。褒められた記憶と怒ら…

働きアリの話です。2:6:2の話です。

あの日は仕事が忙しくて、イライラしていた。 よりによって大雨の中での仕事で疲れ果てていた。 今思い出せば、忙しい時は皆が大変なとき。 そして、雨はイライラに関係ないはず。そのイライラが一緒にいるスタッフに伝染していった。 そこに、どーんと現れ…

規則正しい生活とコロナウイルスショック

日々の生活の流れ。起床、トイレ、朝ごはん、家事、自分の時間、昼の準備、買い物、昼食、片付け他雑用、自分の時間晩御飯の準備、晩ご飯、お風呂、明日の準備、自分の時間、就寝上記の繰り返し。自分の人生で一番規則正しく暮らしているように思う。今は仕…

消化器詐欺で勉強する

母親が消火器詐欺にあった。 もう何年も前のことだが、昨日だまされたように記憶しているようだ。 あの消化器詐欺は平日のお昼前に起こった。 人のよさそうなおじさんがチャイムを押して 「消防署の方から来ました。お宅は消火器を持っていますか?」 「ない…

怖かった傘の話

2月の雨は冷たい。もう少しで春がそこまで来ているのに、遠い。暖かい春が遠い。そんな時に容赦なく降る雨。冷たくて、寂しくなる。傘が人の顔をすっぽり覆う。そんな人々が行き交う町。 知り合いが出くわした傘の怖い話。その日も雨だった。それも、朝から…

ラジオ出演

仕事でラジオに出演することになった。それも生放送だ。パーソナリティーさんと話しながら仕事の宣伝をさせてもらうというものだ。出演の1〜2週間前に何を話すのかについて打ち合わせをする。まずは宣伝したいことの資料集め。とりあえず多めに集める。初…

服の色に思うこと

服の色について思うことがある。子供服売り場にて、青色の服は男の子、ピンク色は女の子としっかり区別されている。これがちょっと慣れない。大人の服は男女どちらとも青色がある。そして、男女両方とも青色を着ている。ピンクでも女性が多いものの、男性も…

引っ越し見積もり

引っ越しシーズンですね。見積もりを取るのは、もう遅いくらいでしょうか。どうしても年度代わりの時に混み合う引っ越し。学生さんから、転勤の方々、いろいろ集中しますね。自分も学生時代は2月に、もれなく引っ越しの見積もりを取りました。学生生活を4…

恋愛講座

学生時代の友達が大阪に出張ということで、京都にてご飯を食べてきました。なかなか予約が取れない京野菜の店。但馬牛やおネギを炭で焼いたりしながら、少しお酒も楽しみつつ。海老芋に、伏見とうがらし、どれも美味しい。友達と現状やら思い出を語り合った…

mixi ミクシィからマイケル・ジャクソンの映画

遠い昔、日記を書いていたように思う。そうだ、手帳に書いていた。いや、パソコンを使って書いていた記憶もある。どこで書いていた??そんな記憶を掘り起こすとmixiだ。ミクシィというコミュニティーというのだろうか、SNSというのだろうかで書いていたはず…

雨に打たれて

久々に雨に打たれた。近所のスーパーからの帰りだ。毎日、ニュースで天気を確認していた。さらに、スマホで天気をリアルタイムに知ることができる。それなのに、雨に打たれたのだ。今日は朝から夜までずっと曇りの予報。3時間予想でもずっと曇りマークが連…

初めてのカクテルは女三人で

学生時代、お酒飲める年齢になって、はしゃぎだした。バイトでお金貯めては、生活費&学費の足しにのつもりが交友費へ。違うだろ、自分。でも、理由もないのに、はしゃぎたい。もっと大人になりたい、大人の仲間に入りたい。今思えば大人の仲間って何?とか…

小さい頃の夢と今の仕事

小さい頃、それは保育園に通う頃に書いていた夢。 大人になったら何になりたい? 「テニスプレイヤー」とあった。 えっ、なぜ? ラケットも触ったことない。 テニスを見に言ったこともない。 好きなテニスプレイヤーもいない。 不思議なことだ。 でも、それ…

パスタの食べ方

お箸の持ち方が話題になっている。 そのお箸の持ち方は家族で議論になり、練習を重ねた。 皆、ある程度は使えるようになった。 しかし、本日はパスタの食べ方。 あれは中学生くらいの頃だろうか。 友達とイタリアンを食べに行き、友達と私はパスタを注文。 …

とんでもないところで、とんでもないものを見た

子供を扱う施設で見た衝撃のもの。 それは子供を扱う施設の駐車場でバイクを止めて包丁を研いでいる人に出くわしたこと。 バイクの後ろの席で砥いでる。 その駐車場を3年ほど利用していますが、初めての経験。 なんでここで??? 包丁を??? なんか動悸…

タイ一人旅

タイに一人旅をした。 それも慣れていない一人旅、初めての一人旅だった。 空港に着くやいなや、急に不安になる。 入国手続きをなんとか済まし、とぼとぼ空港を出ていくと 私の名前を書いたプラカードあったっぁぁぁぁ!!! よかったぁぁぁぁツアーにしてい…

定期検診と暖房

血圧が高いまま子供の定期検診に参加した。 行く前からしんどい、何故かあがる鼓動。 参加したのは真冬。 子供を抱っこひもで抱えて、あれこれ荷物を持って定期検診に参加。 参加場所に着くとそこは常夏? 暑い暑い真冬なのに暑すぎる 、私だけ? いや、暖房…

バングラディッシュの誕生日パーティーに誘われて

お隣さんにバングラディッシュの家族が引っ越してきた話。 明日からここに住むことになりましたと挨拶に来てくださった。 私達はバングラディシュから来ました。 日本での言葉は英語が主です。 日本語ほぼ話せない。 そんなこんなでお隣がバングラディッシュ…

政党調査の電話

先日、生まれて初めて政党調査の電話を受けた。携帯にかかってくるなり流れ出す音声この電話は政党調査についてです。自分の推している政党はどこですかと音声で質問。その後、この電話は録音させていただきます。まずはプッシュボタンで答えてください。こ…

影響を受けた衝撃の先輩

学生時代に一風変わった先輩に出会った。変わったというと失礼なのかもしれないが、私の中では今までに出会ったことがないような方だった。まずは髪型。男性であったが、超長髪。それも後ろだけ非常に長くて結んでいる。この見た目にまずパンチを食らう。で…

ペンフレンド

ペンフレンドは文通により結ばれている友達。文通は遠く離れた友達や知り合いと手紙を通じてコミュニケーションをとること。この文通やペンフレンドって言葉はあまり見かけなくなった。今はインターネットの普及でリアルタイムに会話もできる。メール、SNSと…

ブランド服が毛玉だらけに

冬の寒さに備えて渾身の一枚、好きなブランドのズボンを買った。これがあれば今冬も乗り越えられる暖かさ。しかしーーーーし。ほとんど履かないうちから毛玉が大発生。ブランドなのに毛玉???ブランドなのに?この大量の毛玉どうすればいい?それもよりに…

年賀状の話

年賀状の話です。今年の年賀状は相手さんから頂いてから出すという感じで、なんともだらけた感じになってしまいました。子供の頃は12月中頃から父が木版画をして年賀状を作っていました。よって、干支の絵を下書きし、木に写した絵を彫刻刀で彫る。急ぐ時…