恋愛講座

学生時代の友達が大阪に出張ということで、京都にてご飯を食べてきました。

なかなか予約が取れない京野菜の店。

但馬牛やおネギを炭で焼いたりしながら、少しお酒も楽しみつつ。

海老芋に、伏見とうがらし、どれも美味しい。

友達と現状やら思い出を語り合った。

待遇いいねぇ。

そうでもないよ、朝がすごく早いよ。

日曜日の休みがいいねぇ。

独り身だから日曜日も仕事のこと考えてるよ。

付き合いの呑みは大変だねぇ。

学生時代はよく鍋パーティーしたねぇ。

韓国に留学したけど、韓国語覚えてる? イマイチ覚えてない。

などなど他愛のないことを話した。

そこで、気になったのが、習い事の話。

友達は「社会勉強」という名の習い事をしており、お値段なんと月々23000円!!!

二万三千円!!!!????

思わず、高いと叫んでいました。

友達いわく、高く感じないとのこと。

参加したければ、毎週開かれるセミナーに参加したり、時にはセミナーを運営したりする習い事。

なるほど、そんな習い事があるのかと驚いているところに、飛び入り参加も可能なのでどうですかと。

もちろん月々のお金は不要で、気に入ったセミナーのみ受けることができる。

さっと出されるパンフレット。

少し、びっくり。

これは何かの勧誘なのか?大丈夫なのか?

23000円は出せないぞ!

たくさんの種類のセミナー。

恋愛講座、話し方講座、セミナーの運営、仲間づくり、社会人のマナー、投資、人生、男女平等

覚え切れないほどたくさん。

こういうセミナーは受けたことがない。

お値段1000円で恋愛講座が受けれるらしい。

参加人数を聞いてみると、多い時は1000人とか。

びっくり100人とかそんなレベルと思っていたら

1000人でした。

そして、恋愛マスターの方が話されると。

自分の中で、恋愛講座を受けて、恋愛のハードルが低くなるとは思わないが、何を話されるかは興味がある。
 
その前に恋愛マスターって???

すごいモテるのか?

恋愛マスターさんにも興味がある。

1000人も参加ということは、惹きつけられるのだろう。

ということで、飛び入り参加することに。

新大阪まで電車を乗り継ぎ参加。

会場に近づくにつれて、出会う人出会う人が同じところへ向かっている。

こんなことってコンサートの時以来経験をしていない。

かなりたくさんのひとが会場に吸い込まれた。

映画館のような、コンサートホールのような快適な椅子。

そして、会場が暗くなり、ステージにスポットライト。

いよいよ始まりです。

出てこられたのは割腹のいい男性。

30代〜40代だろうか。

高級なスーツ。

高そうなカバン。

恋愛マスター。

緊張感が走る。

そして、開口一番、実は、僕は、恋愛が下手なのです。

だから、皆さんに伝えたい。

心の底からの気持ちを相手に丁寧に伝えてください。

自分に正直に。

などなど。

そして、恋愛に限らず対人関係にも当てはまる多くのことを話された。

話がうまくて、すぐに1時間ぐらい経過。

笑いも起こる。

少し疲れてきたところで、恋愛マスターの仲間らが登壇。

20代〜30代と思われる20〜30名ほどが登場。

チームを組んで運営や勉強をしているよう。

確かに仲間がいると吸収することも多いだろう。

刺激もあるだろう。

そんなこんなで、恋愛講座は終わった。

帰路につこうとするとアンケート。

この講座はよかったか。悪かったか。

どんなテーマの話を聞きたいか。

誰と来たか。

誰に誘われたか。

最後に、連絡を取りたい人はメールアドレスを書いてください。とあった。

ささっとアンケートに答えて、メールアドレスは書かずに帰路についた。

帰りの電車であれこれ気になったことを考えながら帰った。

参加することで恋愛のマスターに近づいたとは思わないが、対人関係を考えるきっかけにはなった。

しかし、それよりもあのマスターさん、そして、マスターの仲間がどうなっていくのか気になる。

まぁ、それはお節介かもしれない。

次は誰が講座で話すのだろうか?

あの会場費は一人1000円では到底借りれない。

運営費はどうなっているのだろう?

今回は1000円で参加したが、次からは値上がりするのだろうか?

疑問を残しつつ、いい社会勉強をさせてもらった。

私の脳裏に残ったのは、新大阪のとある会場に若者が吸い込まれていく光景である。

もちろん、私も吸い込まれたのだ。