トラリピ 円安の波でどうなる

FXを初めて数年。

ここ最近は株の方に傾倒し、FXの取引は少ない。

どれもそうだが、利益を出し続けるのはとても大変なのだ。

そこで、FXを再奮起したいと思い出会ったのがマネースクエアのトラリピ。

「時間を資産に変えるテクノロジー為替相場の上下する特性に合わせて自動売買するシステム。

一喜一憂しやすいFX取引において精神的にいいのではないかと思った次第です。

通貨が安いときに買う。高くなれば売る。

でも、思い通りにいかないのがFX。

そして難解なことは相場時間。

NY時間、日本時間、ヨーロッパ時間、トランプ大統領発言、国際情勢、ブレグジットと翻弄されること24時間。


一方、トラリピは設定しておくと、24時間売買を続ける特性。

24時間休むことなく動き続ける相場で自動取引を繰り返してくれる。

これでFXの変なドキドキから開放されて自分の時間を作るつもりなのだ。

トラリピは継続している最中に含み損がでてくるシステム。

FXには付き物の含み損。

でも含み損が利益にかわっていくトラリピ。

その含み損に翻弄されないように、余裕資金でまずはスタートが必要。
含み損を分散させるために複数の通貨の組み合わせを運用。

ロスカットの値段

※仕掛けるレンジ幅

※トラップ数

など、発注には大事な決め事が山盛り

 

10年ほど前にはリーマンショックでとんでもない下落が。

全部の資金を溶かす可能性もあると考えると、危ない設定はでない。

「マネースクエアFX」では、有効証拠金に対して証拠金維持率が『100%』を下回っていた場合、ロスカットになる。

証拠金維持率・・・有効証拠金÷必要証拠金×100で算出。

ロスカットを逃れるためにも、ある程度まとまったお金を投入しないと利益はでなさそう。

当たり前かもしれませんが、少しのお金で一気に増えるということはないですね。

 

売買の設定はハーフ&ハーフ。

買エントリーと売エントリーを半分半分に設定する方法です。

イメージは80円から100円を買いでエントリー

100円から120円を売りでエントリーする感じです。

数年間のチャートを見ながら決めました。

トラリピのアプリにログインすると、運用試算表なるものがあり、そこで設定に対する資金の量やロスカット値を知ることができます。

トラリピを注文したことで、冷めかけていたFX熱が再燃。

 

私の設定のトラリピはレンジが広く、トラップ数は少なめなので、ある程度上下に値動きしないと決済されません。

待ち時間が長くなりそうなので、含み損をどう捉えるかといった感じです。

マイナススワップがどうなるかは不明ですが、以前のFXよりは放置できています。

 

放置といいつつ、含み損が増えすぎるならやめるかもしれない。

また、設定を変更するためにリセットするかもしれない。

だから、結局、為替変動や世界情勢に右往左往している。

 

ここ2月20日、2円ほど円安に大きく動いた。

このまま円安にふれたままとも思えない。

株高が続く今、このままあげていくとも思えない。

一度、調整のため株が下がりそう。

そう思ったら2月25日。株がコロナウイルスの影響で世界的に大幅ダウン。

日本株ももちろんダウン。

その後、少し円高に戻す。

 

でも、さらに先の未来はわからない。

結局、為替のこと何もわかっていない。 

そう、世界の動きなんてわからない。

新聞を読んでも、ネットニュースを見ても、すごい人のコメントを見ても

未来は想像でしかない。

 

だから、上下どっちに動いてもいいトラリピにした。

これが吉となるかは、これまた分からないのだ。

 

年金がもらえないかもしれない問題。

もう20年以上も叫ばれているから。

もらえないことも考えて、不安をかき消すように投資なのだ。

そこまで生きれるかどうか分からないが、生きられたらお金がいる。

だから、挑戦するしかないのだ。

 

未来はわからないけれど、想像は必要なのだ。

何気ない一言

教育番組を見ていた時のこと。

私は一言、何気なく言ってしまった。

このコーナー嫌い。難しいから嫌いと。

数日後。

なんと、よく分かっていない子供がそのコーナーが始まる度に、「これキライ!」と言い放つようになったのだ。

それも、毎回言うようになった。

自分自身がキライならいいけれど、私の嫌いが伝染したのかもしれない。

これを毎日聞く度に、ネガティブな発言には気をつけようと思った。

もちろん好き嫌いはあって当然だが、自分の発言で本来なら好きになったかもしれないものが嫌いになるのは悲しい。

好き嫌いは、自分の感性で。

今後、発言を気をつけます。


別件でもうひとつ。

同僚とけんかになりかけた時のこと。

職場で同僚数人と展示会のディスプレイをすることになった。

もちろん事前にある程度どのように展示するか決めているのだが、どうしても現場での打ち合わせがいる。

「どうしようか?」

これを言った瞬間に一人の同僚が不機嫌になった。

数人でやっていたので、気にせず続行。

しかし、「こうしてみようか?」、「どうしようか?」と疑問を投げかける度に無視を食らう。

無視が続くので仕事にならない。

仕方ないでは済まないから、ある程度自分の意思で展示を進めていく。

というより勝手に展示を終了まで持ち込んだ。

これなら自分一人でやる方がよっぽどマシだったとか考えながらも、無視の意味を考えた。


なぜ不機嫌になる?

聞いたりもしたが、答えが返ってこない。

その展示を上司に確認してもらい、あれこれ訂正などの指示を私は受けた。

もちろん、自分主導でやっていたので、率先して訂正した。

しかし、同僚の動きは直すことを手伝う人に徹している。

なぜ?

この展示は同僚数人が並列で責任を持ってやるものだが。

なぜ?がおさまらない。

何度か上司に訂正後を確認してもらい、予定よりも大幅に遅れて完了した。

私の中で、なんとなく気づいた。

自分の意思で展示を決定すれば、決定した人の責任になる。

もちろん、大事になれば会社全体の問題になるだろう。

しかし、小さなミスや間違いについては誰がこれやった?

◎◎です。

◎◎さん、今後きをつけて。となるだろう。

よって、意見を言わなかった同僚=「どうする?」と聞かれるのが嫌な同僚は小さな責任逃れをしたいのだ。

わかってしまった。

責任をとるのが嫌な人なのだ。

その後、同じような仕事をするたびに「どうする?」は禁句となった。

決定はこちらで。

たとえ不格好でも、間違っていても仕方なし。

複数でやる意味がない。

ただの手伝う人、ロボットなのだ。(ロボットに失礼だが。)

こんな生き方もあるのだろう。

その後も「どうする?」を使う時はためらっていた。

しかし、そんな同僚ばかりでもない。

もちろん同等に話せる人もいる。

リーダー的存在もいる。

だから、普段通り「どうする?」は使えている。


たまに思い出すのだ。


何気ない一言で人との関係が壊れてしまう。

何気ない一言でその人との距離ができてしまう。


何気ない一言で人を勇気づけられるものでありたい。

言葉は時に人の人生を飛躍させる。


本日は愚痴がぼろぼろと出てしまうブログとなりました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Twitterのアカウントを使い分けれない

毎日書いているブログのアクセス数を増加させたくて、ツイッターでつぶやいてみた。

すると、うなぎ登りにアクセス数が増えた。

そのことは以下に書いたのだけども。

itigo77.hatenablog.com

今日はアクセス数のその後と、ツイッターの使い方について少し。

アクセス数が増えたことが嬉しくて、その後もブログを更新するたびにツイッターにつぶやいている。

過去記事も複数回ツイッターで紹介したりもしている。

つぶやくとある程度はBLOGのアクセス数が増加する。

これは当日のブログの内容に興味のある方がのぞいていただいたものであり、その後の安定したアクセス数増加にはつながっていない模様。

また、ツイッターでブログのリンクを貼り付けてつぶやくと、大きくリンクが出る。

せっかくの短いつぶやき、ツイッターに長文のブログを貼り付ける。

これもどうかと思う。

でも、ツイッターでのつぶやきをやめると、アクセス数は減る。

減りまくる。

よって、今後も読んでもらえるようなブログの記事が書きたい。

まずは楽しくBLOG記事を増やしていきたい。


もうひとつは、ツイッターの使い方。

こちらはアカウントの作成が複数できる。

もちろん一つでもいいのだが、分けると興味のあるアカウントをフォローしやすいのだろう。

例えば、投資でひとつのアカウント。

美術でひとつのアカウント。

育児でひとつのアカウント。

ブログ関連でひとつのアカウント。

こんな感じなら、別ジャンルの内容が減り、似た内容のアカウント同士で繋がりやすいのかもしれない。

しかし、自分のツイッターはカオス。

混沌としている。

ツイッターのアカウントを増やそうかと考えたが、使い分けできなさそうなので断念中である。

だから、投資ネタ、日頃のノンジャンルのつぶやき、育児、健康、お出かけ情報などが混在してツイッターに存在している。

これらをどうわける?

メインをひとつ、投資をひとつ。

2つならアカウントを使い分けれるのだろうか。

分けるとすればまずは2つのアカウントから。

裏垢とか作れそうもない。

頭の中の整理が苦手なのかもしれない。

今は自分の使いやすいようにツイッターを楽しんでいる。

アカウントを分けれるくらい、同ジャンルのつぶやきができるようになれば分けてみよう。


最後に、ツイッターは時に炎上をみかける。

これがなんとも言えない。

人が集まるところに、意見の対立があるのは仕方ないが、これは発展的会話なのか?

それとも時間の無駄なのか。

言い合いには参加しないが、沼にはハマりかける。

この言い合い、炎上に慣れないのがツイッターを数年使ってみた感想である。

ブログはまだ一年も使用していないが、今のところ平和で穏やかな時を過ごしている。

何より、愚痴やストレスが減り、もやもやが溜まりそうになるとブログを読んだり書いたりしている。

ブログは息抜きであり、生きがいである。

服の色に思うこと

服の色について思うことがある。

子供服売り場にて、青色の服は男の子、ピンク色は女の子としっかり区別されている。

これがちょっと慣れない。

大人の服は男女どちらとも青色がある。そして、男女両方とも青色を着ている。

ピンクでも女性が多いものの、男性も着用している。

しかし、子供服は青となれば男の子のコーナーにしかない。

気にせず男女兼用として買ってもいいのだろうが、なかなか気が乗らない。

あきらかに男女で色を分けている。

でも、気に入れば、似合うと思えば買えばいいのだろう。

自分の中に変な区別ができている。

男の子向けに作られたと思われるものを女の子に、女の子向けコーナーのものを男の子に着せにくいのだ。

気に入ればいい、似合えばいい。

勇気を持って購入した。

しかし、青色系を着せた瞬間「男の子ですか?」と聞かれる。

なるほど、子供の性別は服の色で判断されているもよう。

確かに小さい時は男女の区別がつきにくい。

でも、男の子ですか?女の子ですか?の会話がめちゃくちゃ多い。

買い物に行くと毎度、男の子ですか?

もう、訂正とか同意とかするのが大変なので、微笑むだけ。

青い服の時は男の子に。

ピンク色の服の時は女の子になる。

もうこれでいいのだ。

女の子でも青が好きで、男の子でもピンクが着たい時もある、着せたい時もある。

男女の区別の間違いはスルーしているので、気が楽になった。

青の上着に、花柄のズボンだと男女を聞かれない。

話す方も間違うのは嫌らしい。

そこで、黄色の服を着せてみる。

黄色だと様子を伺われる。

男?女?迷っているよう。

だから黄色を着せると男か女か聞かれない。

同じく白色も聞かれない。

先にも述べたが、花柄と青のセットも聞かれない。

会話は別の会話になる。

大人でもあるあれこれ。

スカートは女。

ひらひらは女。

ヒールの靴は女。

丸刈りは男。

車柄は男。

自分の中の固定概念ができすぎていることに気づく。

これらは男女の区別なく楽しんでもいいはず。

好きな服、似合う色を探して。

ブログ連続200日公開記念!

はてなブログの連続公開が200を超えました。

今回はブログに慣れてきたのか、終わりが近いのか、ストレスなく迎えることができました。

たくさんの☆、そして訪問、ブックマークでのコメントなど、ありがとうございます。

とても励みになり、嬉しくて、元気をもらいました。

もう思い出せないぐらい、たくさんのことを書きました。

オブラートに包んだまま書いたことも。

うまくまとまらなかったことも。

でも、ブログに参加することで、ストレスは減り、前向きになり、楽しい時間が増えたのが事実です。

これからもマイペースでブログを楽しんでいきます。


itigo77.hatenablog.com

2019年5月4日に連続アップをしようと決起。


itigo77.hatenablog.com

グーグルアドセンスに挑戦。


その後、連続50日公開!

2019年7月3日に100日連続公開。

itigo77.hatenablog.com



2019年8月3日 連続公開途切れる事件発生。

itigo77.hatenablog.com



その後、連続は途切れたので、勝手に公開数、記事数を目標に切り替え。


2019年8月16日 150記事公開。

itigo77.hatenablog.com


こうやって書いていくとリンクの中にリンクが。。。かぶっていますね。


そして、ブログをはじめて半年経過、2019年9月18日。

itigo77.hatenablog.com



200記事公開達成!!!

そして、書くことがなくなる事態も。

アウトプット限界、インプット不足か?

itigo77.hatenablog.com


最後に250記事達成。

itigo77.hatenablog.com

ここで自分にご褒美を考えだす、2019年11月25日。

さて、どこまでいけるのか。

わくわくしながら、読む喜び、書ける喜びを感じて♪

来年度はまた違った風が吹きそうです。

急がず焦らず、でも進んでいきたい。

いつもありがとうでいっぱいです。

河津桜へ突撃

f:id:ayae77:20200217143950j:plain

春と言うより冬に、一番手に咲き始める河津桜

毎年バレンタインデーの頃に見頃になる河津桜

ソメイヨシノの咲く頃には終わっている河津桜

だから、見たいと思った時は遅い。

あの時は、無性に桜が見たくなり、2月上旬バレンタインデーの1週間前

宿も予約せずに突撃お花見!!!!

どうしても桜を一足先に見たかったのです。

関西から静岡、伊豆半島へ一気に向かいました。

 

河津桜とは?

静岡県賀茂郡河津町で毎年2月中旬〜3月上旬に満開になるピンク色の桜。

・伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし2月上旬頃から開花。

・早咲きの種類に分類され、開花の過程を楽しめる。

・ここ数年は開花するとよくニュースに取り上げられている。

河津桜は開花の予想が難しい。

・早い時にはお正月から開花、遅い時は2月中旬に開花も。

 

寒い寒いと言ってないで、桜をみたいと思い立ち電車へ!

桜が見られる河津町静岡県伊豆半島の南端。

関西から東京まで約3時間

熱海から河津まで伊豆急行で1時間半ほど。

途中、電車には学生さんが乗り降りされたり長閑な駅もたくさん。

少しうとうとしながら河津に到着。

朝から出発したが、着いたのは夕方。

これはすぐに宿を確保しないと。

 

長閑な町、河津。さっそく宿探し。

有名なところだから宿は多いはず!

そういう私と対照的に一緒に行った友達は不安げ。 

宿は予約でいっぱいなのでは?と煽ってくる。

駅でもらったパンフレットを片手に宿探し。

ひたすら歩いて、ひたすら電話確認。

なかなか見つからない。

空気が重くなる。

会話が減る。

 

やっと!やっと!やっと!宿決定!

祝宿決定!オファ・アトゥというところ。

大きな荷物を抱えながら突撃。

なんと宿は異国情緒漂う素敵なところ。

ヨーロッパの林間型コテージをモデルに設計された宿。

確かに海外に来ている気分。

次はもっと宿を堪能したい。

今回はお花見。

ゆっくり旅の疲れをとりながら就寝。

 

翌日、天気もよく、河津桜のスポットへ。

川沿いにはたくさんの河津桜

菜の花もたくさん。

河津桜の大木がある家も。

あちこちに河津桜

町をあげての河津桜

屋台もちらほら。

花は咲き始めから五分咲きくらい。でも十分楽しめました。

f:id:ayae77:20200217143525j:plain

2月の寒い中、この桜からたくさんの元気をいただきました。

気持ちまで暖かくなる。

沖縄では1月頃に桜をみたけれど、ここは伊豆。

伊豆も暖かいところですね。

気分はもう春満開。

次は満開を狙って来よう!

 

その後、旅を欲張る方向へ。

せっかくここまで来たのだから。

パンフレットを片手に調べこむ。

その後、新町の大ソテツを見て、さらに熱川バナナワニ園へ。

ここでもたくさんのワニやらレッサーパンダ、熱帯植物を見学して南国気分。

熱川もいいところ。

 

最後に干物をお土産に送って新幹線で帰路につきました。

楽しい突撃旅も無事終了。

 

 

熱川バナナワニ園

〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本 1253-10

 伊豆急行線伊豆熱川駅」から徒歩 1 分

 

そろそろ河津桜の季節です。

今年は懐かしの桜の写真を眺めながら。 

父よ、ありがとう

今週のお題「大切な人へ」

バレンタインということで今週のお題が大切な人。

今年のバレンタインは特に何もしなかった。

平常運転で過ぎ去っていきました。

そう、バレンタインは大切な人のことを思う日ですね。


私の大切な人、それは父です。

もちろん大切な人は他にもたくさんいますが。



父との記憶。

私が4歳くらいだろうか。

黒の小さなカバンにお弁当、メガネ、マスクを入れて毎日、毎日仕事へ。

土曜日も夜まで仕事。

休みは日曜日のみ。

休みの日曜日はしんどくて、遅くまで寝ていることが多かった。

父が元気な日曜日、よく美術館に連れて行ってくれた。

描くことが好きで無口な父。

今思えば、豊かな日曜日である。

今思えば、子供4人をつれて美術館なんて、死ぬほど大変だったはず。

無口な父は文句をほとんど言わない。

そして、人の否定もしなかった。

そんな不平や不満、やりきれない思いは全て絵に描いていたのかもしれないと思う。

子供の頃は、父が描いた絵で家がどんどんせまくなっていくことが嫌だった。

なんと心の狭い子。

でも、今思えばそれも豊かな生き方だったと思う。

油絵に日本画、陶芸に、ペン画など。

自由にスケッチ帳をめくっては遊んでいた記憶がある。


私の進路や生き方も否定したことはなかった。

たくさん言いたいことはあったと思う。

無口ではあったが、無関心ではなかった。

そんな父に気づかずに、何もしてくれない人と思っていた私。

情けない。

でも、今ははっきり分かる。

私の思いを、私のことをずっと、応援し背中を押してくれていた。

ありがとうを伝えたい。


そんな父が倒れた。

様々な手術を、乗りこえ元気になるものの、みるみる弱っていった。

会うたびに、小さくなっていく父。

そして、会う度に、私のありがとうの気持ちは大きくなっていく。


息苦しい中、人工呼吸器をつけながら、私に声をかけてくれた言葉。

父の最後の言葉は

「ありがとう」だった。

それを聞いて何も返せなかった。

胸がいっぱいになって。

そっと手を握って。

こちらこそ「ありがとう」

これからも、何度でも送るよ。

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう。

もう、頑張ってとは言えない状態だった。

帰りの道で久々に泣いた。

もう駄目かもしれないと思った。

自分の家に戻って3時間後、父の呼吸が止まった。


そして、後から知ったことだが、父は私と私の家族の健康を願っていた。

何よりも体を大事に健康で生きろと。

ありがとう。

父はバレンタインとはこういうことだと教えてくれたようだった。

大切な人に「ありがとう」を送る日、バレンタインデー。

父よ、ありがとう。

いつも、いつまでも ありがとうを贈り続けます。

引っ越し見積もり

引っ越しシーズンですね。

見積もりを取るのは、もう遅いくらいでしょうか。

どうしても年度代わりの時に混み合う引っ越し。

学生さんから、転勤の方々、いろいろ集中しますね。

自分も学生時代は2月に、もれなく引っ越しの見積もりを取りました。

学生生活を4年間した後の引っ越し。

来た時は余裕で単身パックにて来れたものの、今回はどうだろうか?

荷物は増えていて当たり前。

親にどこの引っ越し会社がいいか聞いた。

すると大手の1社を勧めてくれた。

なるほど、以前に実家が引っ越しした時は確かによかった。

もう時間もない、遅くなればなるほど高くなるのかもしれないなど、勘ぐりながら電話をした。

キリッとした女性の方が出られる。

はい、こちら◎◎引越です。どのような引っ越しでしょうか?

学生で〇〇に引っ越したいですと。

聞かれる住所と行き先をさっさと答えた。

続いて、荷物の量を確認しますとのこと。

三種の神器はありますか?

三種の神器

冷蔵庫、洗濯機、何?

掃除機?

勝手に掃除機だろうと思い、えぇーっと、掃除機はないです。

ない?はい、ないです。

はい、では扇風機は?あります。

エアコンは?ないです。

他には?と質問を受ける。

他には、、、、ベッドはありません。

家具はありません。

衣装ケースは3ケース。

家具はない?

テーブルは?ないです。

ちゃぶ台はありますが、譲っていきます。

本棚は?ないです。

ない???

はい、ないです。

クローゼットは?

ないです。

ない???

ないです。

ないのが多いので、びっくりするのは分かるが。。。

こんなよくわからないやりとりのあと、女性スタッフはあるものを言ってください!!!ときっぱり言われた。

だから、(三種の神器と思われる)冷蔵庫と洗濯機とはあります。

扇風機はあり。

それ以外は本と服と布団と雑貨と自転車。

それから、、、どこまで言いますか?

もういいです。

こんなやりとりのあと、あなたのお値段は単身パックにプラスで自転車の運搬費ですとのこと。

今思い出せば、アナログである。

電話代が。。。。(無料だったかもしれないが。)

今はPCで選んで見積もりが出るのかもしれないが、無駄な時間が多い見積もりであった。

結局、手放してきたものも多く、安い値段で引っ越しすることができた。

最近、引っ越ししていないので不明だが、引っ越しの前後は嫌でも大忙しだ。

だから、簡易で迅速で正確な見積もりを願います。

今なら、断然PCで家電、家具の数やサイズを入力して見積もり依頼がいい。

あるいは、家電や家具の写真を送って見積もりがいい。

見積もりの際には、あるものをしっかり把握して依頼する。

自転車は遠方になると船便などになるので別料金が多いもよう。

近いところだろ、トラックの中側に吊るしてくれて、無料なことが多いのですが。

さすがに船便や航空便は場所とりますね。

引っ越し前、特に見積もり前に、いるもの、いらないもを考えておくとスムーズなんでしょうね。

普段から不用品はリサイクルなり処分なりしておかないと、いざすべてを動かすとなるとしんどいです。

私は引っ越しの度に、物が減ってきています。

でも、新しいところへいくと心機一転ほしいものがでてきますね。

かわいい家具。

便利な収納。

そして、衣類に趣味のもの。

あれこれ増えて、増えすぎて、断捨離したくなる。

これの繰り返しです。