与那国島アゲイン

与那国島への旅のことです。

以前にもかいていますが、お気に入りの記事なので再掲載

なかなか旅に出られない今日このごろです。

コロナくんおさまれ〜

 

 

日本最西端の島、与那国島へ、よなぐにじま へ行った時の話。

もうだいぶ前になるけども、弟が旅に誘ってくれた。

自分ではなかなか行かないと思う場所だから、行く決心をした。

そう、弟は離島好き、電車好き、船好き、モノレール好き、ロープウェイ好き

そして、船の旅が好きな弟だけど、ここばかりは船はやめよう!

関西からでは時間がかかりすぎる。

ってことで伊丹空港→沖縄→石垣島与那国島という空の旅!

書くと簡単だけど

なかなかチケットがね、気力がね

でも、楽しい楽しい旅の始まり〜

 

さっと沖縄到着!!!!

で海鮮丼と海ぶどうを食べて、石垣島に移動、お土産を見ながらアイスクリームを食べて

いざ与那国島の飛行機へ!!

あの飛行機ね〜

思ったより小さくてかわいい。

かわいいけど、揺れそうな気配。

楽しもう楽しもう。

 

しかし、機内アナウンス。。。

与那国島の風と雨が強いため引き返すかもとのこと。

えぇー、、、、旅の計画がぁ〜いや天候には勝てない

なんどもなんども挑戦する着陸。

だけど着陸ができない。

着陸態勢から大きく旋回し、風や雨が収まるのを待つこと30分。

燃料は大丈夫か不安。

次で着陸できなければ引き返します!のアナウンス。

 

 

ドキドキが高まる。

あかんかもしれん。仕方ない。これも旅。

引き返した場合、石垣島で宿を探さないと…

 

待つこと数分。最後の着陸挑戦!!!

 

無事着陸

 

 

ゆれたけど無事。

 

機長さん、ありがとう。客室乗務員さんありがとう!

みんなありがとう。

乗客から安堵の声と拍手。

そんなこんなで、与那国島に上陸させてもらいました。

もちろん初めてです。

ついたらお宿の方が車で迎えに来てくれて、宿に到着

その日はねるだけ。

なんと温かい旅のはじまりはじまり。島ってあたたかいのね

雨がきつく降っているけれど、明日は晴れることを願って。

 

次の日は見事に雨も上がり、自転車をレンタルしていたので、自転車でぷらり。

この島は自転車で3時間ほどで一周できるとのこと。

しかし、はじめてなので、あっちこっち写真とったりしながら時間を気にせずのんびりスタート。

 

きれいな道である。

少しアップダウンはあるものの降りて押せばいい。

海と空に囲まれて、確実に寿命が伸びる美しさ。

まずは海!!

ココヤシが漂流している。

タイで飲んだジュースはこんなに大きかったかな??

ごろごろ流れ着いている。

ほとんどゴミはない。

貝もたくさん、砂浜もきれい。 

海もきれい。

f:id:ayae77:20190408111515j:plain

 

そして生命力あふれるアザミ。

何アザミ??

いつものアザミより葉がでかい。

棘がきつい。

花は小さい。

新しい植物を見るとドキドキする。

f:id:ayae77:20190408111554j:plain

 

そして案内看板。

立神岩。有名なスポットらしい。

皆、車や自転車を停めて観光しているので参加!!

なんとも神秘的な形の岩。

低い柵。

開放感にあふれている。

さらに海の波の音や空の青さを感じることができる。

熱帯性の植物もわんさか。

嬉しくなる。

f:id:ayae77:20190408111705j:plain

 

立神岩を背に進んでゆく。

与那国馬のいるところに到着。

なんと天然記念物とか。

のんびりのんびり草を食べている。

なんとも優しい感じ。

人が近づいてものんびり気にせず食べている。

かわいい。

私は大きな動物が近くにいるのは苦手だけれど、不思議と恐怖心はなかった。

写真も何枚も撮れて、きれいな毛並みを記憶に残す。

ヨナグニウマありがとう。

 また会いにいくよ。

 

f:id:ayae77:20190408111736j:plain

 

 

今回はヨナグニサンという日本最大のガがいるところは行かず、宇良部岳へ

せっせと登る弟を横目にダラダラ登る

へとへとになる。

気づけば暑い、1月なのに夏のような、、、

そうかここは熱帯!!

なんとこれはシマオオタニワタリ!!

自然の中にみなれない植物がある。

観葉植物としてでなく、こう見るのははじめてだ。

景色も植物も楽しみながら。

f:id:ayae77:20190408111804j:plain

 

 

自転車に戻ると風が心地よく汗を乾かしてくれる。

馬以外に牛ものんびり座っていて、柵もほとんどなく何故か皆落ち着いている。

こちらものんびり自転車で横を通る。

 

次の日も自転車で同じようなコースを回った。

途中の店で少し食料を買ったりして、ヘリコプターの音に嬉しくなり見上げたりしながら。

あがりざき(東崎)もよかった。

琉球の風の撮影地も訪れた。

与那国島は自然につつまれている。

 

以下は空港

f:id:ayae77:20190813163644j:plain

与那国空港の様子

 

日本の空港で最西端に位置する空港

年間利用客数は、国内105,302人(2017年度)。

那覇及び石垣への定期便が就航

 

すばらしい空港!!

まだ帰りの話は早いけど、のんびり飛行機を待つこともできました。

出発時間が近づくとお土産屋さんもオープンしてくれてたね。

 

f:id:ayae77:20190813164117j:plain

与那国島には馬以外にも牛がのんびり。

 

柵がほとんどないけど、人も牛ものんびり!?

 

f:id:ayae77:20190813164415j:plain

ヨナグニウマ、与那国馬

ちょっと近すぎたかな。

かわいいのね〜

ちなみに私、午年ですって年齢ばれそう

 

与那国馬は、八重山列島与那国島沖縄県八重山郡与那国町)で飼育されてきたウマの一品種。

また日本在来馬8馬種のひとつで、1969年3月25日に与那国町の天然記念物に指定されている。

 

f:id:ayae77:20190813164712j:plain

宇良部岳より一望

すごい自然、だけど、ここまで来るのにちょっと一汗

 

 与那国島の地理
面積28.95km2

人口1,680人(2018年7月31日時点)

年平均気温23.8℃

年間降水量2,353.6mm

石垣島からは約127kmの国境の島

台湾(中華民国宜蘭県蘇澳鎮までは約111km

自転車で4時間程度で一周が可能

 

f:id:ayae77:20190813165505j:plain

下から宇良部岳を望む
あそこまで自転車と徒歩で行ったのよ

 

高さ231m

与那国富士!!!

横はインビ岳かな?

無線中継所がなんとも貫禄あり

f:id:ayae77:20190813165917j:plain

こちらは東崎、あがりざきと読むみたい。

馬がたくさんいてほんとに間近まできてくれました。

自転車を止めて海岸の方への足を伸ばしてみましたよ。

 

f:id:ayae77:20190813170047j:plain

 

 

島の1周の途中で、気になったのがこの鉱山

訪れた日は閉鎖されているようだけど。。。

f:id:ayae77:20190813170119j:plain

でも何かありそうですね。

次回に訪れる時は調べていこう!

 

また島々、灯台、植物、動物に出会う旅に出たくなってきました。

夏はちょっと自転車の移動きついかな。

帽子は必須アイテムです。

 

与那国島ありがとう

また訪れますよ

そして、ヨナグニサンみたいね