河津桜へ突撃

f:id:ayae77:20200217143950j:plain

春と言うより冬に、一番手に咲き始める河津桜

毎年バレンタインデーの頃に見頃になる河津桜

ソメイヨシノの咲く頃には終わっている河津桜

だから、見たいと思った時は遅い。

あの時は、無性に桜が見たくなり、2月上旬バレンタインデーの1週間前

宿も予約せずに突撃お花見!!!!

どうしても桜を一足先に見たかったのです。

関西から静岡、伊豆半島へ一気に向かいました。

 

河津桜とは?

静岡県賀茂郡河津町で毎年2月中旬〜3月上旬に満開になるピンク色の桜。

・伊豆の温暖な気候と早咲きの特色を生かし2月上旬頃から開花。

・早咲きの種類に分類され、開花の過程を楽しめる。

・ここ数年は開花するとよくニュースに取り上げられている。

河津桜は開花の予想が難しい。

・早い時にはお正月から開花、遅い時は2月中旬に開花も。

 

寒い寒いと言ってないで、桜をみたいと思い立ち電車へ!

桜が見られる河津町静岡県伊豆半島の南端。

関西から東京まで約3時間

熱海から河津まで伊豆急行で1時間半ほど。

途中、電車には学生さんが乗り降りされたり長閑な駅もたくさん。

少しうとうとしながら河津に到着。

朝から出発したが、着いたのは夕方。

これはすぐに宿を確保しないと。

 

長閑な町、河津。さっそく宿探し。

有名なところだから宿は多いはず!

そういう私と対照的に一緒に行った友達は不安げ。 

宿は予約でいっぱいなのでは?と煽ってくる。

駅でもらったパンフレットを片手に宿探し。

ひたすら歩いて、ひたすら電話確認。

なかなか見つからない。

空気が重くなる。

会話が減る。

 

やっと!やっと!やっと!宿決定!

祝宿決定!オファ・アトゥというところ。

大きな荷物を抱えながら突撃。

なんと宿は異国情緒漂う素敵なところ。

ヨーロッパの林間型コテージをモデルに設計された宿。

確かに海外に来ている気分。

次はもっと宿を堪能したい。

今回はお花見。

ゆっくり旅の疲れをとりながら就寝。

 

翌日、天気もよく、河津桜のスポットへ。

川沿いにはたくさんの河津桜

菜の花もたくさん。

河津桜の大木がある家も。

あちこちに河津桜

町をあげての河津桜

屋台もちらほら。

花は咲き始めから五分咲きくらい。でも十分楽しめました。

f:id:ayae77:20200217143525j:plain

2月の寒い中、この桜からたくさんの元気をいただきました。

気持ちまで暖かくなる。

沖縄では1月頃に桜をみたけれど、ここは伊豆。

伊豆も暖かいところですね。

気分はもう春満開。

次は満開を狙って来よう!

 

その後、旅を欲張る方向へ。

せっかくここまで来たのだから。

パンフレットを片手に調べこむ。

その後、新町の大ソテツを見て、さらに熱川バナナワニ園へ。

ここでもたくさんのワニやらレッサーパンダ、熱帯植物を見学して南国気分。

熱川もいいところ。

 

最後に干物をお土産に送って新幹線で帰路につきました。

楽しい突撃旅も無事終了。

 

 

熱川バナナワニ園

〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町奈良本 1253-10

 伊豆急行線伊豆熱川駅」から徒歩 1 分

 

そろそろ河津桜の季節です。

今年は懐かしの桜の写真を眺めながら。