火傷と虐待疑い

子供をやけどさせてしまった。

子供の希望する子供用カップラーメンを作った。

そして、食卓の手の届かないところに置いて、子供用のうつわを取りにキッチンに戻ったのだ。

その間1分もない。

早く食べたかったのか、子供自身で机に乗り上がりカップラーメンを引き寄せたらしい。

そして、ラーメンが倒れる。

机を流れた熱いお湯とラーメンがこどもの足にかかる。

ぎゃーーーーーの悲鳴で駆けつけた時にはすでに遅し。

ズボンがお湯で濡れていて、湯気らしきものが。。。。

気が動転しつつも、風呂場まで担いでいき、水をかける。

かける。

かける。

おい???

水がぬるいぞ??

こんなときに水温40℃がでている。

まずい、温水から冷水に切り替えて水をかける。

泣き叫ぶこども。

いやだ、いやだと叫んでいる。

よく聞くと、お腹冷たい!!!!と叫んでいた。

冷たすぎたか。

いったん水をかけるのをやめた。

恐る恐るズボンを脱がせてみると、赤く腫れている。

あわてて病院に電話をかけるが時間外でならみれるとのこと。

ひどいようであれば救急車にしてくださいと。

皮膚ははがれていない。

迷ったが時間外の外来にした。

車に乗せて、落ち着いて落ち着いてと自分に言い聞かせながら病院に。

その間10分ほどなのだが、こどもが爆睡しだす。

いつもなら寝ない時間だが???

不安に不安が募る。

仕方ない、慣れない時間外の窓口まで子供を担ぎ、受付をする。

受付で体重やら年齢を伝え、その後、待つこと10分だろうか。

長く感じる。

寝たままの子供。

救急車にすればよかったか。

そうこうしていると診察時間になった。

そこで足やら体やらを触診されて起きてくる子供。

先生はやけど箇所以外もあれこれ調べている。

そして、一言。

やけどは大丈夫そうです。

お湯の温度が下がっていたので、事なきを得ましたと。

今後皮膚がただれてきたら再診してとのことだった。

一安心。

ひとつ気になるのがこのお腹回りや首のあざみたいなのは???と先生。

これはアトピーで薬を塗っているのですが、肌荒れが良くなると薬の痕が黒ずんできますと答えた。

先生は「なるほど」と言われるものの、こんなに黒くなりますかと再度質問。

はい、皮膚がきれいになると黒くなることが多いです。

このお薬手帳にある薬を使っています。

ちょっと調べますので、お薬手帳母子手帳を見せてください。

予防接種は受けさせていますか?

はい。

では、外でお子さんと待っていてください。

そこから長い時間が経過する。

待てど、待てど先生が出てこない。

そうこうするうちに復活した子供が騒ぎ出し、お腹が空いたと言い出した。

えっっっ???

そういえばお昼ごはんを食べていない。

あのラーメンは全部流れてしまった。

時間外に駆け込んだので、院内のコンビニも開いていない。

カバンを探し回り、出てきたのが子供用せんべい1つのみ。

後で何か買うからとせんべいを渡す。

もぐもぐ食べだしたので、安堵した。

食欲があるなら大丈夫だろうと思った。

ぼーっと待っていると自分もお腹が空いていることに気づく。

先生???

なぜ出てこない?

あれこれ調べているのか?

別の救急があった?

時間外は忙しい気配はしているが。

そうするとドアから先生がでてきて、ちょっと別の先生に相談するのでもう少し待ってくださいと。

嫌とも言えるはずはなく、はいと返答。

長い、長すぎる待ち時間。

お腹が空いて、お腹がなるけど我慢我慢。

診察が終われば、あのコンビニであれとあのお菓子とジュースを買ってと考えながら待つ。

子供はついに走り出す、大声を出す。

やっと先生から呼び出し。

先生が二人に増えている。

どうも皮膚科の先生らしい。

そして、子供の体をまたまた見始める。

どうもアトピーの痕が気になるよう。

ここで、ピンときた。

きっと先生は虐待を疑われているのだ。

二人であれこれ相談しているよう。

で、一言。

予防接種もしっかりうけているし、大丈夫でしょう。

へ???やはり疑われていたようだ。

あの至るところにある皮膚の黒ずみが、殴った痕だと。

お薬手帳もあってよかった。

受診記録がお薬手帳のおかげで残っていてよかった。

虐待していると予防接種は受けないのか。

予防接種を受けておいてよかった。

予防接種は任意が多いけど、多くが受ける傾向にある。

お世話のあとが、虐待のないことを証明してくれたようだった。

そんなこんなで無事診察も終わり、母子手帳も返却されて帰宅できた。

ご飯の時間が3時間近くずれたが仕方なし。

時間外診察ありがとうございました。


虐待を疑われてもいい、一人でも虐待にあって苦しんでいる子が救われるなら。

家に帰って冷静になってから、そう思えた出来事でした。

[rakuten:auc-areiz:10020910:detail]