アイスランドポピー

アイスランドポピーを見ると父を思い出す。

父は絵を描くことが好きで、この花をよく描いていた。

公園や広場、小さな花壇の側に座って描かれていく花。

家に帰って仕上げられていく絵。

何枚も何枚も仕上がってくる絵。

季節が変わっても絵をみることができる。

小さなころはよく花の近くで遊んでいた。

 

風に揺れながら、不思議な質感のカサカサしている花。

きれいな花とは裏腹に、つぼみはぎょっとするほど毛むくじゃら。

色はビビットなオレンジ。

次々に咲く花。

f:id:ayae77:20190404144033j:plain

ポピー

今年もこの花に会いたい。

アイスランドポピーもう終わりですか?

 

花といえば母のことも思い出す。

スイセンハナニラ、ザクロ、アロエ、ツバキ、ツツジ、ラベンダー、モモ、ミカン、ネギ、サクラ、沈丁花ラッキョウローズマリー、ベイ、ナツグミ、ヤグルマギグ、マサキ、サツキ、サルスベリムクゲ、イチゴなどたくさんの花を育てていた。

ベランダや庭から沢山の実、花、葉を食べたり、飾ったり。

 

今年もきっと咲いている花々。

切り枝を飾る玄関。玄関に漂う花の香り。

鉢で咲くと、道の側に飾る。

 少しでも路行く人に触れていただきたくて。

 

きれいな花、可愛い花を見ると好きになる。

好きな花が年々増えていく。

咲かなくても、一生懸命育てる母。

 

そうだ、花を育ててみよう!

 小さな小さな種をまいて見よう!

 まずは小さな一歩から。