看護師さんの一言

退院する日、とてもお世話になった看護師さんから

「今日はとてもきれいです!」と言ってもらった。

とても嬉しかった。

うまく歩くこともできず、お風呂までは車椅子。

朝起きて、検温、血圧、検査、お風呂、お昼、昼寝、血圧、検査、夕食、就寝の繰り返し。

入院生活はありがたくもあり、大変だった。

最後の日は、感慨深いものがあった。

生きるということがどんなに大切か。


退院が決まった今日は、髪の毛を整え、チークを使って、日焼け対策もしている。

入院中は気にしない、たくさんのことをしていた。

そこを逃さず声をかけてくださったのだ。

退院の日に大好きだった看護師さんからの嬉しい一言。

その看護師さんはいつも低姿勢で優しかった。

伝えることははっきり伝えてくれた。

そして、いざという時のパワーはどこからくるのだろうというくらい強かった。

そしてすごくかわいく、きれいな人だった。

たとえお世辞でも嬉しかった。

お世辞でもこの自分に大きな嬉しさをくれた。

きっとたくさんの患者さんを救っているのだろうと思った。

これからも頑張ってください。

何百人という看護師さんがいる大病院。

大変な方がたくさんおられる大病院。

しっかり前を向いて仕事をされていた。

そして、一人ひとりへの気配りがすごかった。

恐らく年下の方だと思うが見習いたいところがたくさんだった。

働けるようになったら、仕事との向き合い方を見直そう。

退院とともに踏み出す勇気をくれた。

ありがとう。

追記:退院して一年以上経ったとき、ふと出会った。

商店街ですれ違ったのだ。

大荷物の自分、子連れで汗だくの自分。

そこになんとなく見覚えのある看護師さん。

私服だけどなんとなくこちらを見られているよう。

少し会釈して過ぎ去った。

この一年に感謝して、また気持ちが前向きになった。

ありがとう。

入院してよかったこと、すごい看護師さんに出会えたこと。