お金を持って死ねないけども

お金を持って死ねないけども、お金はもっとほしいと思う、なぜこうなるのか?
あれもほしい、これもほしい、あれもしたい、これもしたい。
お金の情報がインターネット、SNSにあふれている。
本当の情報なのか、嘘なのか、あげます、増えます、あなただけに教えます。
これはお金がほしい気持ちがあるから気になるってこと。
生きるためにお金が必要だから、気になるのは仕方ないこと。

マネースクエア

ここで自問する。
もっとお金をかければ満足できるのか。
お金で満足は買えるのか。

親はいつも言っていた。
お金は持って死ねないと。
だから、お金は適材適所に使いながら生きなさいと。
死んだ時にお金が残るとトラブルになる。貯め過ぎも使い過ぎも駄目だと。
母は豪快にお金を使っていた。
正確には必死で貯めて豪快に使っていた。
だから、大人になって、あげられるお金はないと。
使いたいお金、使えるお金は、生きてきた中で、自分と子どもにすべて使ったと言っていた。
自分はお金をうまく使えているのか?
お金との向き合い方を考える。

コロナウイルスで大打撃を受けた経済。
自分のお金も減っている。
だからお金のことが余計に気になる。
経済の流れに乗ってお金を増やそうとしていたら、経済が大きく傾いた。
だから自分の資金も減少に傾いた。
そこで、少し気づく。
もう無理にお金を増やそうとしなくてもよいのでは?
無理に増やそうとするから、お金が気になりすぎている。
だから、お金から少し距離を取りながら、生きることを楽しみたい。
資金がゼロになったのではない。
少し目減りしただけだ。
お金は天下の回りもの、いつか経済も復活するだろう。
それまで自分のお金が底付きないように、うまく生き延びていれば最高だと思う。

お金で豊かな暮らしは買えるのかもしれない。
でも、豊かな心を買えるかは疑問。
だから、今日はお金のことを忘れて、存分に生きよう。

今日の嬉しいこと
①花粉の少ない晴れという天気
②抱卵しているミナミヌマエビ
③ブログを見たり書いたりする一人の時間
④明日は家族の休日
⑤久々にとうもろこし茶を飲む予定
⑥4月からの準備をする
⑦手作りマスクをいただく
⑧久しぶりに絵を描く
⑨チューリップの葉が元気
⑩100日後に死ぬワニを読み返すこと