コロナ禍のお誘い

新型コロナウィルスの猛威

いつまで続くのでだろう

国によってはすごく改善して日常を取り戻しているようだが

日本はそうでもない

 

一度目の緊急事態宣言が2020年の4月頃だっただろうか

宣言が出され、仕事をなるべく在宅ワークに変更し、感染者数が減る

在宅ワークに慣れてきた頃に解除

そして、少しずつ少しずつ平常を取り戻しそうになると

また、感染者数が増加する

これで治まるだろうと思ったがそうでもない

そして、変異株も発生

2度目の緊急事態宣言

それから蔓延防止

春が過ぎ、夏が来て、秋も過ぎ、年末年始も超えていく

この猛威がついに1年以上となる

もう一度、春が来てしまった2021年

ワクチンは少しずつ少しずつ前に進んでいる

日々の仕事もあるだろう

ワクチン担当が急に湧いて出るわけではない

だから新しい仕事だ

そんなに急に全員にワクチンが普及するのは困難だ

日々の仕事を削り、あるいは日々の仕事をしてさらに上乗せ

でも、そんなこと言ってられない

生死を分ける問題

確実に、安全に、でも迅速に

どれもこれも欲張りたい

そうしないと生死を分ける

大変なときこそ、力が見える

だから、冷静に待っておきたい

それが自分にできること

 

そんな中、電車で旅に行きませんかとお誘いをいただいた

緊急事態宣言はでていない

しかし、蔓延防止対策なるものは出ている

電車で都道府県を越えていくのはいいのか?

どうなのだろう

大阪では医療が逼迫してヤバイ

医療従事者の気持ちが見える番組も見る

大阪に住んでいないにしても

ヤバイ気配

大阪を超えて行くのは止そうと思った

医療従事者が負担になるならやめよう

経済も動いてほしい

何もかも禁止するのはよくない

旅に行きたいという欲もある

でも、今回は見合わせた

自分のため、医療のため

そして、移動中などに万が一感染すればと考えた

今、感染すれば残された人はどうなる

そして、医療のことも考える

だから住んでいる位置、近隣県の状況、自分の生活環境を考えてやめた

またいつか動ける時がくる

元気で待っておこう

それが一番だ

コロナウィルスの猛威が収まり

ゆっくり、ゆっくり自分たちのやりたいことができるようになるまで

そして、医療体制も見直され

日々の生活も変わっていくだろう

オンラインもいいだろう

仕事を見直すのもいいだろう

家族との関わり方も変わりそうだ

お金も貯めておこう

そして、使えるようになれば存分に

気持ちもすっきり

あのころはしんどかったけどって言えるように

頑張ろう〜

頑張ろう〜

旅を楽しみたいが、今の生活で楽しめることを見つけよう

 

ついに緊急事態宣言が4都府県に発出

ここで食い止めたい

ここが正念場

国一体で頑張る

一人でも多くの命が救えますよう

ひとつでも笑えることが増えますよう

みんなで解決の近道を模索したい

お金のこと、体のこと、不便なこと、いろいろある

でも、一丸となって

今が踏ん張り時

さて、いつもの家事をやりますか

それとも、1時間多く寝ますかZzzz