トラリピ利益まとめ~確定申告

最近コロナウイルスの影響で株の値動きが。。。よくわからない。なぜ今上がる????

普段からわかっていなかったのだろう、さらに混乱中。

だからFXにしようか。

でも、以前にFXの24時間の動きに疲れたのだが、、、、

どれもそうだが、利益を出し続けるのはとても大変。

そこで、FXを再開したいけど、精神的にも時間的にも自分に合いそうなものを探す。

そこで出会ったのがマネースクエアのトラリピ。

マネースクエア

「時間を資産に変えるテクノロジー

一度注文してしまうと、為替相場の上下する特性に合わせて自動売買するシステム。

今までのNY時間、日本時間、ヨーロッパ時間、トランプ大統領発言、国際情勢、ブレグジットコロナウイルスなどに翻弄されることから開放か!?

自動売買なので、自分が寝ている間、仕事している間も、自分の発注通り売買されます。

一度売買が終了すると、また発注金額に到達すると自動で売買が始まる。

だから、値動きに合わせて再発注しなくてよい。

自分の時間が増える!

実際に使ってみて、この自分の時間が増えたことを実感!



マネースクエアのトラリピの発注について

トラリピは継続している最中に含み損がでてくるシステム。

でも含み損が利益にかわっていくトラリピ。

その含み損に翻弄されないように、余裕資金でまずはスタートが必要。

ロスカットの値段→しっかり確認

※仕掛けるレンジ幅→追加も可能

※トラップ数→レンジ幅にもよるが、私は少なめ(追加も可能)

など、発注には大事な決め事が山盛り

 
10年ほど前にはリーマンショックでとんでもない下落が。

全部の資金を溶かす可能性もあると考えると、危ない設定はできない。

「マネースクエアFX」では、有効証拠金に対して証拠金維持率が『100%』を下回っていた場合、ロスカットになる。

証拠金維持率・・・有効証拠金÷必要証拠金×100で算出。

ロスカットを逃れるためにも、ある程度まとまったお金を投入しないと利益はでなさそう。

設定はオススメをワンクリックで設定できる自動設定もありますが、自分で決めるものを選択しています。

売買の設定はハーフ&ハーフを用いました。

買エントリーと売エントリーを半分半分に設定する方法です。

イメージは80円から100円を買いでエントリー、100円から120円を売りでエントリーする感じです。

ハーフ&ハーフの設定は数年間のチャートを見ながら、この範囲に収まるだろうと予想して決めました。

トラリピのアプリおよびHPにログインすると、運用試算表なるものがあり、そこで設定に対する資金の量やロスカット値が知れるのも魅力です。

以下が米ドル円の発注

レンジは買:75円〜105円、売:105〜135円

注文金額 1000

トラップ本数 75×2(買い、売り)

利益金額 700円

決済トレール なし

ストップロス なし


そして、複数の通貨ペアを運用することで、リスクを分散。

実際の運用ペアは以下

ドル円、ユーロ円、豪ドル円、豪ドル米ドル、NZドル円カナダドル円の6通貨ペア


自動売買の結果
2019年12月売買利益 約3,600円
2020年1月売買利益 約17,800円
2020年2月売買利益 約25,000円
2020年3月売買利益 約235,000円
2020年4月売買利益(4/28まで)45,000円

合計 325,000円

ただし、現在の含み損は260,000円なり

スワップの合計はマイナス10,000円なり

この含み損については別記事でコロナウイルスのことで爆増したことを書いてます〜

含み損につぶされない資金が必要。。。

マネースクエア



嬉しいマネースクエアポイント

取引をするたびにもらえるポイントがあります!

このポイントは商品や現金、楽天ポイント、アマゾンギフト券、JTB商品券、JTB旅行券に交換できます!

1万通貨の売買で10ポイントゲット!!!

これが少しずつだけど貯まる〜。

お買い物もポイントのように使えるので嬉しいです。

近々楽天ポイントに交換するかなぁ。


現在のポイントは10,000ポイント超え!

これは取引だけで貯まったのではないのです。

マネースクエアさんが時々されるキャンペーンに参加するともらえたポイントも含んでいます。

直近だと「入金サポートイベント」期間2020年3月9日〜2020年4月1日にやってました。

これは相場がコロナウイルスによって荒れそうなので、維持率を高めてロスカットされない対策を兼ねている。

上記の期間に入金するとポイントがもらえる。

10万円で100ポイント

100万円入金で1000ポイントゲット!

最大30000ポイントまで、って30000ポイントもらうには。。。

マネースクエア

私ももれなく参加して、少しですがポイントをもらいました。

その後、相場が落ち着いたので、別の口座にお金を移動させましたよ。

このキャンペーンのポイントはありがたいですね。

貯金して利子をもらうよりいいですから。

マネースクエア_カナダドル


数カ月トラリピを継続して考えておかなければならないのが、確定申告のこと

以下公式HPより。
マネースクエアFXおよびM2J株価指数CFDにより発生した利益は、ともに雑所得として申告分離課税の対象。
2020年1月現在の税制では、税率は一律20.315%(所得税15%、住民税5%、復興特別所得税0.315%(2013年からの25年間))。
また、当社での投資による損失が発生した場合、当社取扱商品間をはじめ、他の「先物取引に係る雑所得等」の金額と損益通算が行えます。
また、損益通算によっても損失額が相殺しきれない場合、繰越控除により3年まで損失を繰越すことができます。


だからもうかれば20.315%の税金です。

ただし、年間で給与所得以外の収入が20万円を超えた場合です。

これが嬉しいことに超えました!

トラリピは特定口座制度(源泉徴収口座)の対象外のようです。

だから、源泉徴収ありの特定口座ではないので、確定申告による納税が必要。

確定申告に必要な書類、期間損益報告書がPDFでダウンロードできるみたいです。

株の損益と相殺したいけど。。。。FXと株は損益通算ができません。

株で大きく損してもFX単体で20万円以上の利益があると確定申告が必要。

株は譲渡所得、配当所得、利子所得。。。トラリピは雑所得。。。なんですかこの不思議。

もう少し確定申告の勉強をしてスムーズに納税できるようにしなくては。

そして、納税後に預託証拠金が含み損により元本割れしないことを願うばかりです。

興味のある方は以下へ
マネースクエア